フロアタイル
ラジコンや日常の記録
フライト日和 | F-16 自作 | F16 フライングテール 自作 | HET F-16 | デカF-16自作 | GEM/F-16 | TAIYO F-16 | F-16XL 自作 | ハイパーF-16XL 自作 | F-16XLⅡ自作 | FRP/F-16XL | F/A-18 自作 | F-20 自作 | F-20 取説 | J-Iユニット | su-27 自作 | MIRAGE 2000 自作 | WATTAGE/Mirage | J-power F-2 | J-powerF16 | J-powerF16XL | J-powerF18 | J-powerF22 | J-powerMIRAGE | alula-EVO | Binary900VⅡ | microBinary500 自作 | Top Sky | SP Mini Top Sky | microBlasterⅢ-600 自作 | Blaster3Light | Blaster3Light 2号機 | SALex | snipe | snipe-SN | snipe-SNT | Stobel V3.5 | Stream | Stream NXT | Hubsan X4 & Q4 | POINT | 飛行会/イベント | 息子と遊ぶ | 水槽物語 | 自家栽培 | メタボですから | ソーラーシステム | ネタ | 蒲郡みかん | フィンガーライム | 未分類 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
pokeyのRC日記
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
ブロとも申請フォーム
「MIRAGE 2000 自作 」 の記事一覧
プロフィール

pokey

Author:pokey
ビールとタバコを愛する高額納税者だ

2011.01.18 Tue
リターン
新しい年を迎えたので「今の技術を昔作った機体に反映させよう」と意気込んでいます。
過去のスチレン機はレパートリーが多いワケではありませんが、まだ納得できない機体をチョイス。

Mirage2000に決定。

これまでミラージュはジェットインパクトユニットと、GWSのEDF50仕様の2機だけです。
(発泡スチロールの削り出しもあったな! HP参照)
フライト設定のデータはありますが機体の形状・作り方・表面の処理など、どれも納得できる域に達していません。このままではスチレン自作屋として過去を削除しそうなので(笑)

ちなみに2号機(EDF50)を作ったのが2007年、まだ飛ぶ状態で眠ってます。
2011_01_18.jpg
ボデーやインテークはカクカク、キャノピがスチレン、表面処理はザラザラ・・・
何と言っても全体のオフセットを出す製作方法が不安定で、無駄が多い。

過去の図面はあるものの、あれこれ1週間考え中ですが良い図面案が浮かばない!
この時間も楽しいんだよなぁ~

MIRAGE 2000 自作    Comment(0)   Top↑

2007.07.08 Sun
室内向けで調整
8/26に子供向けに体育館を借りて室内飛行があります。
883-cさんも主催メンバーなので私のミラージュとフランカをエントリー。

今月号のRC-AWでも紹介されたミラージュです。

室内でも飛行可能かテスト、安心して飛ばす事出来るか?
重心の正確な位置を割り出します。
2007.07.08_004.jpg
http://www37.tok2.com/home/pokey629/movie/m2000/20070708_01.wmv
ユニットはEDF50を使用しているのでまったり飛行が可能です。
私も挑戦
http://www37.tok2.com/home/pokey629/movie/m2000/20070708_02.wmv
サーボのニュートラルが出ない(コスモテック4g)ので直線的な飛行より常時舵を当てている飛ばし方のが合っているかも?

MIRAGE 2000 自作    Comment(0)   Top↑

2007.04.25 Wed
MirageTYPE 1 テスト飛行 3
朝までかかって塗装を完了させました(^^;
IMGA0941.jpg


塗装前に主翼前縁の1cm幅へマイクログラスをエポキシで上下に貼りました。

色は「ダークグレー」に「しろ」を混ぜ全体にエアブラシで吹いた後、残った色へ「スカイブルー」を混ぜました。
フランカⅢの黄黒の塗装でも翼端が見難かったのでアクセントで赤も塗りました。
この作業で20g弱重くなりました(^^;

またサーボのカクカク(ニュートラルずれ)が気になったのでサーボホーンの一番短いところへリンケージさせ、D/Rをおおきくしサーボ稼動範囲を広げました。

重心位置などが決まってきたので振興会ミーティングを訪れた883-cさんに飛ばしていただきました。
http://www37.tok2.com/home/pokey629/index.htm
スチレンMIRAGE<TYPE 1 調整終了>

右旋回立ち上がりでサーボニュートラル位置が変わってしまい左旋回をするのでトリムで調整してくれました。
直線飛行は、ずれてしまうけどイヤラシイ癖が抜け飛ばし易くなりました。

MIRAGE 2000 自作    Comment(4)   Top↑

2007.04.22 Sun
MirageTYPE 1 テスト飛行 2
午後からは雨予報、朝から昨日のブレードを突貫修理しました。
DF直前下をカットして無理矢理ブレードを押し込みました。
完璧なバランス調整は出していませんが、アンプの限界ランプはギリギリまで付かないし振動も消えたので大丈夫でしょう(^^;

出撃した機体はsu-27Ⅱ、TF-16、MirageTYPE1です。
Mirage_047.jpg

無風状態なのでsu、F16と飛ばし腕慣らしをしました。
湿度が高いせいか、両機とも遅く感じます。JetImpactユニット搭載のTF-16さえも遅く見えます(^^;
小型機にとっては湿度が多い方が空気密着が良く飛ばし易いのでテストには最適です。

Gamuさんにビデオをお願いしてミラージュTYPE1も飛ばしました。
コスモテックサーボは埋め込んでしまったのでそのまま。
最終調整で883-cさんが飛ばしてくれたのですが「リンケージのガタ?」と勘違いするほどポテンションメーターの不感域が大きいようです。
http://www37.tok2.com/home/pokey629/index.htm
StyreneMIRAGE<TYPE1 EDF50 初フライト>

いかがでしょう?EDF50にしてはまあまあでは・・・?
「F16XL級(160g)に軽量化しましょう!この機体にココまでの強度は必要無いです。」
と883-cさんは今は無きXLをいつも誉めてくれます。「アレを超える機体は無い」とまで(^^;

EDF50/Feigao5300kv/2.0*2.0(低ピッチブレード)はモーターの効率が最も良く、このユニットで飛ばすには200gでは面白くないのです!

飛行テスト終了!おおよその重心位置も確定したので塗装を考えなきゃ。

Mirage_048.jpg

Gamuさんに機首を誉められました(^ー^)V
「市販されているミラージュは機首が丸過ぎ!本来コックピット側面は平坦なのに!」
お~良くご存知で!!
2014.jpg

MIRAGE 2000 自作    Comment(2)   Top↑

2007.04.21 Sat
MirageTYPE 1 テスト飛行
仕事帰りにMirageをテスト飛行させました(^ー^)V

組み込んだサーボは単体テストしたのですが、搭載後リンケージをつけて動作確認したらセンターがずれてまいました(>.<)

どうも以前の品に比べポテンションメータの作動範囲が広くなったためみたいです。
ガチャガチャ踊ることは無いし、飛行中はスチィック操作しているので低速機には問題無さそうです。
(100km/h以上スピードが出る機体への搭載は・・・)

気を取り直してイザ!!
最初は目の前に失速(>.<)

2投目
投げる瞬間にブレードが抜けました!!
Mirage_046.jpg

困りました・・・。
機体を切開解体しなければなりません。
EDFは、シッカリ接着したのでバラバラにしないと(^^;

MIRAGE 2000 自作    Comment(0)   Top↑

2007.04.20 Fri
Mirage TYPE 1 製作12
本体と主翼を軽量紙粘土でつなげました。
Mirage_044.jpg

今回の紙粘土は快適上手から販売されている「チョーかる紙ねんど」です。
Mirage_045.jpg

ホームセンターの文房具売り場で発見。従来使っていたものよりさらに軽く、パルプを使用していません。

主翼上面には歯磨き粉程度まで水で軟らかくした紙粘土を塗り、さらに水をたらして指で伸ばしました。

おそらく有名なピンクのパテより軽いでしょう!

コタツで芯まで乾燥させてサンディングします。

MIRAGE 2000 自作    Comment(0)   Top↑

2007.04.20 Fri
Mirage TYPE 1 製作11
主翼の作り直しです。

主翼中央があまりにもブ厚いので製作方法を変更。
サーボ位置で2分割して翼端側を薄くします。
向かって左側が変更後です。
Mirage_042.jpg

サーボホーンも見えますね!
携帯画像では何となく解る程度ですが、計量したら1g軽くなっていました(^ー^)V
アップです。
Mirage_043.jpg

本体との接点は紙粘土かパテで補修すれば駆け上がりも滑らかにできます。

MIRAGE 2000 自作    Comment(2)   Top↑

2007.04.19 Thu
Mirage TYPE 1 製作10
未塗装ではありますが完成しました(^ー^)V

翼厚はプロトTYPEより、前縁側6.5mm低くして最厚部は5mm低くました。
Mirage_035.jpg

上からの画像に塗装パターンの画像をかぶせると・・・
Mirage_034_2.jpg

排気ダクトがデカイです(^^;

この状態でバッテリーを搭載すると202gでした。
塗装とPPテープを貼ると恐ろしいことに(>.<)
Mirage_038.jpg

4/10に切り出し初めて1週間も掛かってしまいました。
5mmスチレンで丸い機体を作るのは難しいですね(^^;
機首に使用したSP発泡が思ったより曲がるので機体本体にも使用すれば、もう少し軽量化含め見栄え良く出来そうです。

さて、塗装はどうしようかな~♪

MIRAGE 2000 自作    Comment(1)   Top↑

2007.04.17 Tue
Mirage TYPE 1 製作9
今日は休みだったので随分進みました(^ー^)V
と言う事で本日2回目の更新。

機首はSP発泡を随所に使用しました。
Mirage_022.jpg
Mirage_023.jpg

momoさんも以前注目していた日用品を使う時がきました。
「男前豆腐」のジョニーです。
過去にこのブログでも紹介しましたアレです!
Mirage_025.jpg

上を張り合わせ、下側は重ねて機体にマッチするように調整できます。

スチレン作業は垂直尾翼の研磨だけになりました(^ー^)V
プロトTYPEと比べていかがでしょうか?
Mirage_031.jpg

(下の箱は気にしない!)

現在で159gです、同じユニットで作ったスチロールF-16XLhttp://www.geocities.jp/welcomepokeyroom/ep08_f16xl_00.htmは全重160gだったので心配だな~(^^;

明日、垂直と主翼をやれば飛ばせる状態になります。

MIRAGE 2000 自作    Comment(0)   Top↑

2007.04.17 Tue
Mirage TYPE 1 製作8
最近は前日進行分を日付変更線を超えてから更新しています。

ダクトを本体へ接着、電子部品接続して主翼と本体を合体させました。
Mirage_021.jpg

もう引き返せません(^^;

動翼、後部の底板も接着完了。
これから機首の底板を付けインテーク、機首へと製作を進めます。

インテークをテープで仮止めしましたが、図面通りだとイメージ的に×でした。現物合わせになりそうです(>.<)

EDF50/Feigao5300kvの組み合わせでは3cel単体推力150gです。
搭載して130g出れば御の字・・・200gで作っても推比重は0.6です(^^;
飛ぶのか?不安になってきました。

MIRAGE 2000 自作    Comment(0)   Top↑