フロアタイル
ラジコンや日常の記録
フライト日和 | F-16 自作 | F16 フライングテール 自作 | HET F-16 | デカF-16自作 | GEM/F-16 | TAIYO F-16 | F-16XL 自作 | ハイパーF-16XL 自作 | F-16XLⅡ自作 | FRP/F-16XL | F/A-18 自作 | F-20 自作 | F-20 取説 | J-Iユニット | su-27 自作 | MIRAGE 2000 自作 | WATTAGE/Mirage | J-power F-2 | J-powerF16 | J-powerF16XL | J-powerF18 | J-powerF22 | J-powerMIRAGE | alula-EVO | Binary900VⅡ | microBinary500 自作 | Top Sky | SP Mini Top Sky | microBlasterⅢ-600 自作 | Blaster3Light | Blaster3Light 2号機 | SALex | snipe | snipe-SN | snipe-SNT | Stobel V3.5 | Stream | Stream NXT | Hubsan X4 & Q4 | POINT | 飛行会/イベント | 息子と遊ぶ | 水槽物語 | 自家栽培 | メタボですから | ソーラーシステム | ネタ | 蒲郡みかん | フィンガーライム | 未分類 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
pokeyのRC日記
≪2017.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.12≫
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
ブロとも申請フォーム
「J-powerF16 」 の記事一覧
プロフィール

pokey

Author:pokey
ビールとタバコを愛する高額納税者だ

2017.11.08 Wed
プチ改良
尖閣F-16のアンプを交換しましたwww

前回のフライトでバッテリーとアンプを接続する3.5mmバナナコネクターが発熱しハッチのEPOがプクプクになった。
2017_11_08_001.jpg
コネクター自体は電流70Aまで流せれるのに発熱するって事は、アンプ側のシールドが細く抵抗になっているのか?

そこで付属アンプからHOBBYWINGの18A~22A(MAX)のアンプに交換です。
シールドは18AWGから16AWGとなるため抵抗も減りコネクターの発熱も低減するはず。
しかもLipo4sまで対応なので最悪はバッテリーも4sにしちゃうか?(笑)
2017_11_08_002.jpg
冷却効果を上げるためPC用の小型ヒートシンクをつけてます。

あと主翼後縁に差込んだ航空ベニヤの角度違いでロール方向のトリムが左に大きく現れていました。
表面はパテ処理してますが、裏面はそのままだったので、キャンバーが目立たぬようにパテ処理してみました。
2017_11_08_003.jpg
これで左右のキャンバー差が減っていればトリムも減るはず!
自分の工作技術の低さが恥ずかしいです(^^;
新しいアンプ交換とパテ処理で3g増量し、飛行重量343gとなりました。

護岸工事の機材が撤去されスッキリした飛行場なのに週末は雨と強風で飛行は難しいかも・・・


.

J-powerF16    Comment(0)   Top↑

2017.11.01 Wed
F-16 サーボ交換
GGEJRでサーボのニュートラルが決まらずフラフラだった尖閣F-16。
トリムは飛行中に合わせたので記録してサーボ交換します。

ガラス板上に機体を固定し稼動範囲を計測
ニュートラル位置、エレベーター↑↓、エルロン左右をそれぞれメモ。
2017_11_01_001.jpg

今までは安価なハイテックHS55を使用。
悪いサーボじゃありません!リンケージミスの要因も大きかった。
2017_11_01_002.jpg
サーボホーンの穴位置は軸から10mmの穴を使っていましたが、D/Rは50%でした。
サーボ稼動範囲を1/2にしてたら微調整できませんよね~(^^;

中古ですが精度良いDM47へ交換。
サーボホーンの穴は任意で75mmを空けました。
2017_11_01_003.jpg 2017_11_01_004.jpg
リンケージが短かったので半田を当てサーボ側を引き伸ばしました。

サーボの軽量化、バッテリーの前移動を行い17gのノーズウエイトを撤去。
1100mAh3s搭載して飛行重量340gだぜ~(^-^v
2017_11_01_005.jpg
減量20gは大きいです!

早く飛ばしたい("▽")
2017_11_01_006.jpg


.

J-powerF16    Comment(0)   Top↑

2017.10.13 Fri
ノズル修正
連休2日目、雨が振り出しそうなので出撃なしwww
結局は夜まで降らなかったけど(笑)

後部45度から撮影すると、やはり排気コーンが怪しい。
2017_10_13_002.jpg
10:30の位置が突出して見えるのでコーン固定を再検討。

左右の隙間をノギスで計測しながら調整しましたw
カメラ位置を真後ろの水平で固定し、内部のEDFアウターケースを覗き込むと
ほぼ中心が出たような・・・
2017_10_13_003.jpg
本来は初期段階で確認すべきでした(^^;
ただ前回も確認した左右キャンバー量の違いもあるため完璧ではありません。
普通に飛ばすだけならこれほど拘る必要もないけどね!


時間が有り余ったので家の片付けを開始。
2階のクローゼット左右で4畳分ほどあります。

片側は衣類、反対側はPCのガラクタやギター、扇風機など物置代わり。
衣類は昨年に使わないと思われる服をケースに分別し、1年間使わなかったので処分。
冬物衣類の買出しを済ませ反対側も着手。

古いビデオデッキやLDデッキ、旧型PCタワーも処分すると、思った以上に空きスペースが取れました(^-^v
まだ3ヶ所収納があるので、この雨の連休に大掃除します。
ついでにキッチンも年末用大掃除しちゃうか!?



.

J-powerF16    Comment(4)   Top↑

2017.10.12 Thu
主翼効果は?
明日からず~っと雨予報www
2017_10_12_001.jpg
連休最終の水曜日は、かろうじて飛ばす事ができるかな?
22日の運動会だけは雨になればイイのに・・・(笑)

主翼迎え角を修正し、塗装を終えた尖閣F-16のテストフライト。
2017_10_12_002.jpg

重心位置は問題なし。
迎え角は完全に左右対称なのに、まだロール方向左にトリム調整が必要でした。
2017_10_12_003.jpg 2017_10_12_004.jpg
後部からじっくり観察すると垂直が歪んでる?
それと排気の紙コップの向きも怪しいぞ・・・( ˘•ω•˘ )

主翼後縁に差込んだベニヤも左側にキャンバー角が付いてる感じ。
コレは修正のしようが無いため諦めます(^^;

前回のエルロントリムは19、今回は9と半減はしました。
垂直と排気コーンの修正でもう少しニュートラル方向へ戻って欲しい。

それにしても気温が高く蒸し暑い!!
日中は2回も水シャワー浴びましたwww

明日からヒマだなぁ~


.

J-powerF16    Comment(2)   Top↑

2017.10.10 Tue
復活塗装
機体はもう手直しする間が無いので塗装したったwww
2017_10_10_001.jpg
マスキング面倒なので垂直はそのままですけど(^^;

日章旗カラーなのに中途半端じゃ各方面に失礼かと(笑)

週末の土曜日から週明けの火曜日まで雨予報...orz

ただ運が良いのか悪いのか今週の木曜日から一週間、強制的な休日になりました。
イヤイヤ悪い事したわけじゃありませんから誤解ないように(爆)

来週末は地区運動会のため今週の木曜日か金曜日が最後のフライトテストになりそう。
ロール方向のトリムが少しでも解消されますように(゚ー゚;



.

J-powerF16    Comment(0)   Top↑

2017.10.09 Mon
F-16 飛行テスト
日曜日に初フライトしてきましたwww
2017_10_09_001.jpg

初回
 重心が後ろ過ぎてヘロヘロ~(爆)

2nd
 まだまだ後ろ~(泣)

3rd
 7.5gのウエイト追加(まだ後ろ~)

3回目でトリム合わせ出来る状態だったので無理やり飛行したら左の舵がメチャUP!
2017_10_09_002.jpg

じっくり主翼確認すると左の取り付け迎え角が大きい( >д<)
しかも反対(右)の主翼後縁が若干歪んでる・・・
カーボンを追加して右翼歪み修正、ウエイトを7.5→11gに変更した。

さて本日
ロール方向、トリムステップ4でも2コマしか修正ならず1フライトで諦めた。
重心位置はもう少し前でも良さそう。根本的に主翼の迎え角が違うからダメやね(^^;

帰宅後、UP気味だった左の主翼を再度付け直し。
ワサビはブレーキクリーナーで剥がせるから便利ですわ~
2017_10_09_003.jpg


日曜日に飛ばしたF-2はメンバーのロドスタさんがスマホ動画撮ってくれてた。
トリム合わせと重心確認だからつまらぬ動画になりましたが
無事に帰還です(^‐^)ゝ
重心は前過ぎでしたwww

動画【久々のF-2】

2017_10_09_004.jpg



.

J-powerF16    Comment(2)   Top↑

2017.10.06 Fri
チョットだけよ♪
この機体2012年に組んだので少し手直しwww

リンケージは当時のグライダーで採用してたもの。
2mmカーボンと1mmステンレスをシュリンクして瞬間止めでした。
2017_10_06_001.jpg

現在は1mmステンと1.4mmステンパイプを半田して調整してますので(^^;
意味の無い程度に空気抵抗減らしました(爆)
2017_10_06_002.jpg
メリットは半田付けで安易にリンケージ調整できることです。
ストッパーは不要の産物になりますね!

垂直尾翼下の後部とエアブレーキ部分を加工して、エレボンが不安定なので補強としてEPOを追加しました。
2017_10_06_003.jpg

サブトリム(ホーン位置調整)→ リンケージストッパー(エレボン固定)→ エンドポイント合わせ→ D/R(エルロン・エレベータ)の順に入力調整しました。

飛行後に重心位置を極め、巻き込み具合はデファレンシャルで調整。
D/Rを煮詰め最後の最後でエキスポを少しだけ入れます。
(それぞれの手順がありますので勝手にやってくださいw)



.

J-powerF16    Comment(0)   Top↑

2017.10.04 Wed
主翼接着
予定通りベニヤを挿入しパテしましたwww

ベニヤ挿入前に予めヒンジ部分はパテで両面を埋めて、硬化後に作業を開始しました。
表面はアサヒペンのSPパテで処理、裏面はカッターとサンディングのみ。
2017_10_04_001.jpg 2017_10_04_002.jpg

インテークとEDFメンテハッチを外し、ガラスを2枚立て本体を基準に主翼を接着。
2017_10_04_003.jpg 2017_10_04_004.jpg
画像にはありませんが垂直尾翼も接着しました。

極めるなら排気ノズルやエアブレーキ、垂直下のパラシュートの格納部分も手を入れて空気抵抗を減らしたいです。
でも時間が無いからね(^^;

水平尾翼の後縁は初期状態から主翼と同じ処理済み。
この「尖閣F-16」のユニットはGWSを搭載してます。
どちらかといえば低燃費なノーマルユニットが好きなんですけどね~

非力ゆえ、勝負に勝ったときの優越感が大きいのですw

さて、無敵F-2とどちらが速いのでしょうか?
ユニット違うので比較難しいけど、F-2と違い今回は前縁を丸く仕上げていますからね!

少しだけ期待しています("▽")



.

J-powerF16    Comment(0)   Top↑

2017.10.01 Sun
主翼
前縁と後縁の処理の案が出来たので作業再開www

カット後に歪み修正として0.4mm×5mmのカーボンスパーを両面へ埋め込んだ。
2017_10_01_001.jpg 2017_10_01_002.jpg

カットした前縁の中心へ直線をマークして上下をサンディング。
2017_10_01_003.jpg 2017_10_01_004.jpg 2017_10_01_005.jpg
EPOなのでザラザラしてますが固めて重量増加するのもバカらしい。
所詮は発泡機、傷付いてからパテ修正でもしましょう(*^o^)b

後縁には1mm航空ベニヤを使います。
差込部を5mmとして全幅は15mmとしました。
ガラス板にテープで留め金属定規を当てサンディング部分だけをハンドサンダーで削りました。
2017_10_01_006.jpg

主翼後縁10mmを切除し、切り口中央へベニヤを差し込む予定。
2017_10_01_007.jpg
段差はパテ修正のあとサンディングしますが、硬度が違うのでベニヤだけは予め後縁をしっかり研いでおきました。

今月は祭りや地区運動会など行事が多い(^^;
こんなペースで完成出来るのか~?
テスト飛行→調整→修復→塗装の工程が待ち構えているのに(笑)

最悪、GGEJR参加機はF-2のみだな(爆)



.

J-powerF16    Comment(0)   Top↑

2017.09.25 Mon
予定変更
ノーマル主翼はNETのいい加減な図面を元にスケールサイズでカットwww
何時ものことなんですけどね(^^;
2017_09_25_001.jpg
両翼ともに裏面に向かって癖が付いてるため後ほど修正入れます。

初案の機体は墜落による衝撃でノーズ曲がってる( ˘•ω•˘ )
これじゃスピード出ないんで自作主翼のもう1機
日章旗カラーF-16を解体しベースとする事にしました。
2017_09_25_002.jpg

これまでの検証結果としてストレーキから主翼前縁が直線状に無いと、
同シリーズのFA-18のように頭上げ効果などで悪いことばかり。

そして翼抵抗を減らすには、前縁は丸く後縁はウルトラシャープが鉄板!

翼端の形状は丸いほど空気剥離が良いのかな?
最近のHLGは後縁に向かってシャープな機体を見なくなりました。
ただトリッキーなエルロン操作には向いてない事はトリエルロン(翼端を固定したエルロン)で実証済みです。


垂直尾翼は自作のスチレン製を移植し再利用です。
完全な2個イチwww
(どこかの国の実機と一緒にしないで!)


.

J-powerF16    Comment(2)   Top↑