フロアタイル
ラジコンや日常の記録
フライト日和 | F-16 自作 | F16 フライングテール 自作 | HET F-16 | デカF-16自作 | GEM/F-16 | TAIYO F-16 | F-16XL 自作 | ハイパーF-16XL 自作 | F-16XLⅡ自作 | FRP/F-16XL | F/A-18 自作 | F-20 自作 | F-20 取説 | J-Iユニット | su-27 自作 | MIRAGE 2000 自作 | WATTAGE/Mirage | J-power F-2 | J-powerF16 | J-powerF16XL | J-powerF18 | J-powerF22 | J-powerMIRAGE | alula-EVO | Binary900VⅡ | microBinary500 自作 | Top Sky | SP Mini Top Sky | microBlasterⅢ-600 自作 | Blaster3Light | Blaster3Light 2号機 | SALex | snipe | snipe-SN | snipe-SNT | Stobel V3.5 | Stream | Stream NXT | Hubsan X4 & Q4 | POINT | 飛行会/イベント | 息子と遊ぶ | 水槽物語 | 自家栽培 | メタボですから | ソーラーシステム | ネタ | 蒲郡みかん | フィンガーライム | 未分類 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
pokeyのRC日記
≪2008.02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2008.04≫
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
ブロとも申請フォーム
「 2008年03月 」 の記事一覧
プロフィール

pokey

Author:pokey
ビールとタバコを愛する高額納税者だ

2008.03.31 Mon
調整
今日は年度末棚卸で帰りが遅かったので、昨日の不具合だけ改善します

アンテナは太く長いのでノーズへ埋め込みます
2008_03_31_001.jpg
ローディングアンテナ形式と呼ぶらしいのですが本来は円錐に巻きつけるそうです。私は変形バージョンでプラ板へ溝を入れて巻き隙間からノーズ内へ差し込みます。

サーボ側配線を4cm残しカット、双葉サーボを直付けしました
2008_03_31_002.jpg
ホーンは2mm短くなりますが今まで以上にトルク比がUPするし動作角D/Rを上げる(大きく)ことにもなります

動翼クリアランスはサンドペーパーを使い1mmくらいに広げました(^ー^)V
2008_03_31_003.jpg


舵稼動範囲を設定し完成!塗装は次の完成機と一緒におこないます
実はまだ考えていないので・・・(^^;
2008_03_31_004.jpg


F-16XLⅡ自作    Comment(0)   Top↑

2008.03.30 Sun
初飛行
行ってきましたXLの初飛行

Barg4chにマイクロアンテナをつけていたので動作確認をしました
プロポアンテナを縮め5Mでガチャつき・・・(T-T)
一旦引き返してFF9純正R149DPへ交換
2008_03_30_001.jpg
さすがPCMですね、全く誤動作しません

BTはFULLYMAX1800mAh4S(最軽量)からスタート
動画見る価値ないかも・・・
F-16XL HET68mmFAN 初飛行

手投げ時は持っていかれるくらいの推力、綺麗な右旋回で一安心(^ー^)
小粒になっての左旋回で事件発生!?
エレベータ舵が大き過ぎて空気剥離?最大UPにすると逆の右へ持っていかれたそうです
着陸後の検証で動翼とのクリアランス不足で翼端側が引っかかったのか?
2008_03_30_002.jpg
わずか0.5mmしかありません、翼が反ったのかもね!
またメンバーのDioneさんからは恐ろしい情報もいただきました
「青60BBの黒い樹脂を使った最近のサーボはポテンションメーター下のツメが中の基盤をショートさせて動作不良を起こす事がある」って!!ビンゴ~私の60BBはまさしく黒樹脂です(T-T)
追記:白樹脂系も同じみたいです
メンバーのichiさんが双葉6gサーボくれました、代わりにBTをプレゼント(^ー^)
エレベータのDRセッティングとクリアランス、サーボ交換で解決しそうです

883-cさんのおかげで着陸態勢に入り綺麗なフレアもかけることが出来ました
CG位置はそれなりにOKそうです(今後煮詰めますが)

動画でお解かり?私は汗アセでした(笑
垂直はテープ止めでしたが排気コーンを塗装すれば接着できます
塗装はどうしましょ(^^;

ちなみにエレベータはDR減らして16mm、エルロンは5mmで問題なしでした
今日はゆっくり休んで明日から「ワークスpokey room F-20の製作」&「トロピカルXL修理」にとりかかります

たけちゃん、お手柔らかにね!

F-16XLⅡ自作    Comment(10)   Top↑

2008.03.29 Sat
無地完成(^ー^)V
やっと出来た~!ネム~(ーー)

朝は早起きしてがんばったよー、5時起きだから・・・
2008_03_29_001.jpg
下処理して出勤、帰宅後急いで装着!
夕方から生産組合慰労会、酔っ払って2km弱歩いて帰宅・・・(寒かった)
BTハッチへ「キャノピ取り付け溝」を掘り仮止め
2008_03_29_002.jpg
2008_03_29_003.jpg
横から見ればそれなりでしょ?キャノピ10%短くても、ばれないし(笑

ダクト下はとりあえず壁を作って終了。
2008_03_29_004.jpg
ほんとはダクトに沿って滑らかにしたかった(^^;

まだまだやる事があった!BTが左右に移動しないようレールをつけました
2008_03_29_005.jpg
前後移動防止はマジックテープです

インテーク下には排気パイプで使用しているPPフィルム
2008_03_29_006.jpg
最前15mmは2重に貼り着陸時のキズ防止

リンケージは40mm、0.8mmピアノ線です
2008_03_29_007.jpg
動翼ホーンとサーボホーンの長さ(高さ)は同じにして機械的なEXPが掛からないようにしました

そんなこんなで午前2時半、完成です
2008_03_29_008.jpg
コックピットはテスト後に時間があれば作ります
時間が無ければたけちゃんにお願いします(爆

機体のみ540g、1800mAh4S搭載で740g、
最も重い2200mAh4Sで785g、フライトパワー2170mAhは中間くらいでした。

1800mAhなら軽々垂直上昇できるので禁断の手投げも可能!
ってか、バンジー使ったらインテークが粉々です(笑

CG位置はだいたい覚えてるけどお手本のトロピカルXLは現在飛行不可能なので・・・(^^;
2008_03_23_001.jpg

問題はシビアなエルロンと大舵のエレベーターです。
デルタ翼機の場合エルロンのデファレンシャルやEXPを読み違えると恐ろしいほど機体が傾いてしまったりブレーキ効果で旋回中に失速してしまいます

まぁ、飛行はpokey room専属パイロット「883-c」さんにお任せします(^^;

F-16XLⅡ自作    Comment(2)   Top↑

2008.03.28 Fri
完成近し!
ネックだったインテーク完成
2008_03_28_001.jpg

垂直尾翼も5mmスチレンを追加して完成
2008_03_28_002.jpg
なんと、HET F-16の垂直と同じサイズだった!!
2008_03_28_003.jpg

エアブレーキ部も完成
2008_03_28_004.jpg

あとは動翼中央の膨らみとコックピットでほぼ生地の出来上がりですo(^-^)o
フラッシュをたくと白がはじけるので蛍光灯のみですが、こんな感じです
2008_03_28_005.jpg
2008_03_28_006.jpg
2008_03_28_007.jpg
キャノピー前側の両サイドが気になるけど仕方ないです(T-T)

明日は寄り合いがあるので呑んで帰ってから朝まで塗装の予定
日曜の午後には飛ばしたいなぁ~(^^;

F-16XLⅡ自作    Comment(4)   Top↑

2008.03.27 Thu
パテの間に
仕事前に1P、帰ってから2Pパテしましたが、研磨するたび納得いかない・・・
それほど気にならないのだがシモンの跡の塗りこぼし、ストレーキ先端の形状が左右非対象と思うように進みません(^^;

明日は最終研磨で終了とします
乾燥中に垂直を作り始めたが明日も仕事が早いので途中で切り上げました
2008_03_27.jpg
平行してF-20を2機製作中で寝る間もありません(ーー;)

3日後の日曜にXLのテスト飛行をおこなう予定でしたがパテに時間が掛かり過ぎダメそうです

F-16XLⅡ自作    Comment(0)   Top↑

2008.03.26 Wed
ボディーぱてぱて
ボディーは途中なんですが進行状況は・・・

スプレーのりでカットした発泡スチロールを接着、#120、#600ペーパーでサンディング
2008_03_26_001.jpg

その上からパテを1Pしました
2008_03_26_002.jpg

そして2P
2008_03_26_003.jpg

まだまだ・・・3P
2008_03_26_004.jpg
ついでにスチレンを削った跡もパテしました
現在は乾燥中、今夜サンディングしてさらに1Pしますが完璧にはなりそうにありません。
いつまで続くのパテ作業(^^;

余談
RCテクニカさんから仕入れたモーターが不具合で交換していただくことになった。
どんな不具合かって?それはナイショ(^ー^)
テクニカさんの適切な対応に心打たれました。
数あるメーカーの中でもココまで親切なところは今まで無かったかな~
バックアップしますからね!RCテクニカさんo(^-^)o

で、以前シャフトを折ってしまい交換を求めましたが「出来ません」と言われたんです。
そのモーターを試しに分解したら納得できました。
2008_03_26_005.jpg
ダクト後部のコーンをカッターで切ってコイルを抜きました。
シャフトはステーターと斡旋で固められているので取り出すことができません。

だからムリなんです

ムリだから接着してあるんですね~(^ー^)
当然ながらベアリングも交換できないので・・・ん~ちょっと不便です(^^;


出来ればコーンを2~3点接着にしていただければ、ゴミが入っても掃除くらいなら出来るんですが!

F-16XLⅡ自作    Comment(2)   Top↑

2008.03.23 Sun
機首
午前中の作業はノーズの作成
大きめにカットしたボードを上からかぶせ少しずつ現物合わせでノーズを作りました。
ノーズはテーパーの接着面なので、ちょっとだけ浮き上がる感じにして接着
この完璧にはめこまない理由は「正面から見ると四角のノーズ」を削りだして丸くするためです
2008_03_23_002.jpg
散々削りこの角度なら少しだけ丸く見えます
しかし正面から見ると・・・
2008_03_23_003.jpg
空気抵抗を減らすには機体を丸くするに限り、他に平面や角を何処まで無くすかです。

機首下側はインテークの中まで続きます
これはBTを支えるためにスチレンを3枚重ねているからです
2008_03_23_004.jpg
インテークリップがボディと干渉するので3mmのスーパー発泡で処理します

明日からはボディと主翼の斜めラインを作ります
15mm発泡スチロールを2cm幅にカットしスプレーのりで接着、テーピングしてペーパー掛けします。
2008_03_23_005.jpg
最終的にパテを盛りまたサンディングすれば簡単に、軽量に出来ます。

パテ盛りが済んだらしばらく離れF-20の作成に入ります
あ!XLも直さなきゃ(T-T)


F-16XLⅡ自作    Comment(0)   Top↑

2008.03.23 Sun
しくじった~
午前中はXLを作り、午後から飛ばしてきました
九州は朝から雨みたいですが愛知は昼までは良い天気、午後から曇り

F-16、XLを快調に飛ばしロビン、フライトパワー、FULLYMAX、ハイペリと4種類で楽しみました。

FULLYMAX850mAh3Sは少し重い分、前重になっても十分なパワーでした。
この性能で¥2500なら使い捨てにしても青いBTよりお得ですo(^-^)o

5時を過ぎたので最後にXLを全開、低空2Mでのスローロールを決めそのままの高度で水平旋回!
先生や皆から「お~!」って(^ー^)V

でもココまで・・・バンク角がきつ過ぎ、ぬかるんだ枯れ草の中に突っ込みました(T-T)
スロットルを徐々に上げても反応なし・・・・「5月の集い」前なのに!

BTベイ下の機首がポッキリ折れてBTコネクタが抜けただけの小破でした。
2008_03_23_001.jpg
ただ、泥が付いたので大変です。蛍光塗料は水に溶けてしまうので慎重に洗わねば(^^;

F-16XL 自作    Comment(0)   Top↑

2008.03.22 Sat
今日は天気が良かったけど我慢。せっせと製作に打ち込みました
2008_03_22_001.jpg
2時間ほど掛けて合体3パーツをサンディング
具材を固定して排気パイプ、インテークガイドも接着。胴体上部を瞬間で固定しました
2008_03_22_002.jpg
ノーズ下はスチレンを張り合わせサンディング、上部を接着したらもう少し削ります
2008_03_22_003.jpg
BTベイの境を入れノーズを張るだけになりました
2008_03_22_004.jpg
サーボコードは結局延長しハッチから交換可能にしました
2008_03_22_005.jpg
主翼を貼り付け前縁に3*2たけ庇護を接着。翼端側のカーブはロウソクであぶり曲げた

2008_03_22_006.jpg
塗装前なので解り辛いですが7mmボードのため意外と削っても強度はおちません。サンディング跡はパテで目潰ししないと目立ちますね(^^;

2008_03_22_007.jpg
排気コーンは気合で削りました

2008_03_22_008.jpg
ダクト下には1cmくらいの隙間が出来るのでベニヤとスチレンで固定します。

今のところ機体のみで520gです。2200mAh、1800mAh共に静止状態でフルハイにすると浮き上がり1800mAhバッテリーなら720g無地完成できそうです。
インテークリップ上部がボディと干渉するので実機っぽく作る必要があり悩んでいます。
ビールのアルミ缶で作るか?プラ板を曲げるか・・・・

F-16XLⅡ自作    Comment(0)   Top↑

2008.03.21 Fri
ボディ研磨開始
内蔵パーツは徐々に進み胴体上部の接着を試みた
しかしサーボコードがわずかに足りずキャノピハッチから受信機への接続が出来なかった
今回もメンテ不可能な機体になります。飛ぶのかも解らないので仕方なくこのまま進める!
配線を全て接続して上部接着、最後にアンテナをコックピット後部から出すことにして先に胴体の研磨を進める

角を取るためにマスキングしてカッターで大まかに削る
2008_03_21_001.jpg
夜間なので電動サンダーは使えずハンド・サンダーでテープの間を削り落とす
2008_03_21_002.jpg
この後、更にペーパーを使い手の感覚で丸く仕上げていきます
しかし大きな機体では図面修正が必要ですね、各パーツが大きいので丸く仕上げるのはダメっぽい

週末は連休なので死ぬほど頑張れば無地完成できるかも?
スタッドレスタイヤをノーマルに戻すのは何時になるのか・・・(^^;

F-16XLⅡ自作    Comment(0)   Top↑

2008.03.20 Thu
動翼
ダクト搭載位置が決まったので航空ベニヤを主翼上部に貼り付けた
2008_03_20_001.jpg
前回より面積を広げハードランディングでもダクトがとれないように考慮しました

翼端にはわずかながらのねじり下げ
2008_03_20_002.jpg

動翼ホーンはヒンジ真上にストッパーがくるようにし尚且つサーボ側のリンケージ半径と同じにした2008_03_20_003.jpg
固定ナット位置変更で主翼翼型と本体上部も修正。
動翼の後縁も削り、サイズが大きいので正確に作っていたら5時間が過ぎていた(^^;

仮組みの状態だが排気パイプとインテーク側にもPPフィルムでガイドを作ってみた
(画像は裏返し)
2008_03_20_004.jpg
HET F-16よりインテークサイズが広いので吸気は問題なさそう、ただ高速で抵抗にならねばよいが・・・
排気口は同じサイズだったので安心しました(^ー^)V

BTが後部へずれてもイイよう、アンプを覆うように5mmスチレンを固定します
2008_03_20_005.jpg
今日は一番重要な作業、調整と修正の繰り返しで休日は丸つぶれ
3月中の完成が見えてきたカナ?o(^-^)o

F-16XLⅡ自作    Comment(0)   Top↑

2008.03.19 Wed
バッテリー到着(^ー^)
(3/20 最下部へ訂正を追加)

垣内さんからBTが届きました
F-16XL用の「FULLYMAX1800mAh/4セル」
2008_03_19_004.jpg
重さは公表値ドンピシャの198g価格は¥6500なので財布にも優しいです。
あとは「使い捨て」か「長持ち」するのか?ですね!
垣内さんに聞いたらこのメーカー20Cは余裕で評判も良いみたいですo(^-^)oって事は36Aは楽勝ですね!

2200mAhと比べると・・・
2008_03_19_002.jpg
コネクター付いていますが40gもダイエットできます(^ー^)V
フライトパワーEVO-2170mAh4Sは
2008_03_19_001.jpg
225gでした

他にも850mAh3Sも試しに購入しました
2008_03_19_003.jpg
ん~。。。メーカー公表値より5g増しの80gですが価格は驚きの¥2500なんですよ~(^v^)
17A流れるだろう?として、RCテクニカさんのJ-I/Ⅱに搭載予定です。

上記2種のBTは垣内さんのHPには掲載されていません、よって私が売ります
な~んてウソ!
まだ850mAh3Sと1800mAh4SはZEALさんに数個あるみたいなので欲しい方は今すぐメールすべし!(垣内さん、これでチャラね!爆)

--追記--
FLLYMAXバッテリーのバランスコネクターはハイペリオンが使えますが、Hyperion EOS 0606i 急速充電器での3セルバランス充電は個別セル反応がありませんでした(4セルはOKです
3セルの場合、Dualsky&ロビン用のEOSLBA10-XH-H3S か4S用のEOSLBA10-XH-H4S なら反応します。
(私は4S用を使っています)

--訂正--
Hyperion EOS 0606i 急速充電器でFULLYMAXの3Sをバランス充電する場合は付属の4セルポートを使用する事で対応できました

POINT    Comment(0)   Top↑

2008.03.18 Tue
パイプの隙間
なかなか進まないデカXLで御座います(^^;

パート2の主翼の溝へ硬化剤をひと吹きして瞬間で6mmパイプを固定しました
変形による隙間防止としてペットボトルで固定し少しだけ水を足した軽量パテを擦り込む様に塗りこみました
2008_03_18_001.jpg
2008_03_18_002.jpg
一旦、硬化させ上から瞬間を染み込ませガチガチにします。
完璧な平坦の机はこんな時助かります。なんと言ってもワザワザ数万円かけて建築屋さんに頼んだのですから(^^;

時間に余裕があるのですが作業台を制覇され次のステップに進めません(T-T)
乾燥を待つしかないのです・・・・

F-16XLⅡ自作    Comment(0)   Top↑

2008.03.18 Tue
セール?
pokey room F-20 お買い得情報をコチラにも・・・

現行価格(¥8400)据え置きで現在WAYPOINT-038サーボを2個つけています
残りわずかですのでお早めに(決算セールはありません(^^;)

注文はコチラから

最下部の「製作説明&注文」から入り、作れる方のみ注文願いますm(_ _)m

F-20 自作    Comment(0)   Top↑

2008.03.17 Mon
TOKUさんのブログ
先月、お忍びでF-20が熊本にお邪魔しました(^^;

すでにご存知の方も多いかと思いますが熊本のTOKUさんの飛行場で新旧Jet-impact対決!

佐賀のWBOさんの機体「ポテ丼」との対決です。
実を言うとpokey room F-20対ポテ丼用に開発したものなんです(^^;

ポテ丼には世の中に出回っていないJet-Impactスペシャルダクトが搭載されています
Jet-Impactカラーリングで見事優勝された景品だとか!?

私の現行「初代JIユニット」で何処まで太刀打ちできるのでしょうか?
TOKUさんHP(フライト日誌08.02.24参照)


未分類    Comment(0)   Top↑

2008.03.16 Sun
お腹いっぱい!
昨夜から朝方6時までデカXLの主翼を作り仮眠・・・
11時より出撃です
2008_03_16_001.jpg
F-16,F-16XL、F/A-18、F-20、いずれもJetImpactユニット搭載機です
機種により搭載不可能なBTもありますがそれぞれを4種類のBTで飛ばしました
2008_03_16_002.jpg
上から「フライトパワー700mAh」「ロビン700mAh」「WAPOINT870mAh」「ハイペリ800mAh」いずれも3セル、もう一種類「FULLYMAX850mAh」は入荷待ちです。この中には時折セルバランスの粗悪なBTもありますが価格とパンチ(出力)で見ると「ロビン700mAh」はお得な買い物でした
高価なEVOは30C放電なのでパンチは一番、低速からのフルパワー立ち上がりはお見事です
WAIPOINTは容量が大きいからフライト時間で勝りますがパンチはイマイチ
掛けに出るならハイペリ(当たり外れの差が大きいが中には当りも?)って感じです。

4時までに12フライトをこなし満足o(^-^)o
仕事だった883-cさんも合流してEVO搭載のF-16XLを飛ばしていただきました
<<F-16XL動画>>
スピード、パワーで文句のつけようがありません!
後から聞いた話で83-cさんは「飛行機飛ばすの1ヶ月ぶり~だから上空で高速だけだった。しまった、超低速忘れた!やっぱ最高の機体だわ」って(^^;

そしてichiさんも合流、55ダクトのノーマル京商F-16を飛ばしてくれました
<<ichi_F-16>>
手を加えたのはサーボ交換とブレードバランス、インテーク内配線の取り回しだけです
ブレードバランスだけでこんなに違うんですよ!多くの方が「駄作」って言うみたいだけどEDFの基本ですからね~だから音が静かなのよん♪
夕日に向う背面飛行がカッコいいですo(^-^)o

まだまだ今回の目玉はDioneさんのオリジナルハンドランチ・グライダーです
2008_03_16_003.jpg
ポッドは1mmバルサ・マイクロ貼り
2008_03_16_004.jpg
翼はAG45発泡バルサブランク、尾翼は1mm3枚重ね後縁0.2mm、全備270gで浮きも良く綺麗な飛びです
2008_03_16_005.jpg
早速準備にとりかかっています
2008_03_16_006.jpg
2008_03_16_007.jpg
軽く10Mほど上昇し素直に風にのります
2008_03_16_008.jpg
ポカポカ陽気にグライダーは最高ですね!
2008_03_16_009.jpg
見事にハンドキャッチm成功!Dioneさんの作ったHLGなら私もほしいな~(^^;

満足して海上の空を見上げると飛行機雲が何本もありました
2008_03_16_010.jpg
随分、日が長くなり6時まで飛ばす事が出来るようにまりました
ヒバリのさえずりを聞きながら春を感じて。。。一番良い気候ですね!大いに楽しみましょうo(^-^)o

フライト日和    Comment(4)   Top↑

2008.03.15 Sat
ブレード・バランス Ⅱ
今年3機目の受け渡しが完了(^ー^)
2008_03_15_001.jpg
「元気でなぁ~・・・」って、同じ飛行場の方です(^^;

昨日おこなったブレードバランスは無事に終了しました
2008_03_15_002.jpg
チョット汚くなってしまった(ーー;)
カーボンをアウターケースに巻いたのでケースが少しゆがんでしまいバランス取り初期にこすってしまいアセアセ・・・
F-20をとりに来た方(あえて伏せます)にテストしていただき「合格」をいただきました(^ー^)V
GWS/EDF55よりもバランスが取り易くクセになりそうですが限がないのでOKとします。

主翼パーツの作り直しは順調で7mm「ザ・スリム」へ6mmの溝を掘り前作のカーボンプレート位置にパイプを装着しました。
2008_03_15_003.jpg
バッテリーベイを後部へ延長することにより手持ちのFULLYXAX2200mAh4セルも平行装着できるようになりました(以前は仕切り板で斜めになっていた)これで少しだけDFを前に装着できますo(^-^)o
EVO2170mAhは問題なく搭載できたので残るは最軽量な1800mAhをBTベイ前側に載せてハッチが閉まれば完璧なんですが・・・まだ手元にありません

吸気インテーク内に突起物がある場合、ダクトと距離が離れているほど乱流の渦が大きくなり吸気不足になるそうです。今回はそのあたりを加味してなるべくDFを前に移動させたかった(^^;
BTを後に移動するとアンプがインテーク内で丸出しになってしまうからです。高価なキットのようにインテークパイプが無いのでこういった小まめな作業は仕方ありません。

F-16XLⅡ自作    Comment(4)   Top↑

2008.03.14 Fri
ブレード・バランス
HET68mmインペラのバランスを取っています。
前方からブレードへテープを貼りウエイト場所を確認、ダクトにマーキングしてモーターが回らないよう慎重にインペラを抜きました。ブレードコーンの内側を脱脂してホットボンドをウエイト代わりにしました。
テープを剥がしインペラーを元の位置に装着してブレード裏から瞬間接着剤と硬化促進剤で微調整しています。何処までクリアーな回転になるんだろう・・・?


また、主翼は作り直します(^^;
ダクトを少し前にして補強のカーボンも4mmパイプから6mmパイプへ変更、バッテリーベイも後部に広げインテーク内のアンプ前の板を出来る限り角度を減らし内部空気隔離を避けます

5月のGGEJRが近づき真剣にアセっています(ーー;)

F-16XLⅡ自作    Comment(0)   Top↑

2008.03.10 Mon
にっちもさっちも
やらねばならない事が多過ぎて頭がパニクっています(^^;
先行すべき事項を優先して頭を整理しなきゃ!

F-20を4~5機作る予定なのでしばらくXLはお休みかも・・・
3月中には全て片付けて4月から「デカXL」の調整に入れればイイなぁ~

たけちゃんに宣戦布告されてしまったのでコチラも厳戒態勢を張って極秘開発中です(笑
息抜きにXLの経過報告はしますけどね(^ー^)

未分類    Comment(0)   Top↑

2008.03.09 Sun
良い天気だ~(^ー^)
良い天気です!風は強くても3M程度、お日様もポカポカです
車載機はF-16、XL、F-20・・・とポケバイ(^^;
最近は1~2フライトしか出来ず、今回も緊張しながら飛ばしました

J-I用のバッテリーが各社揃ってきたので厳選して搭載
F16から飛ばし風が無いので着陸で伸びる!!中速になるとインテーク部分のスチレンがビビり不快な音がします。補修しなくては・・・
XLも順調、両機ともにトリムさえ狂っていませんでした(^ー^)V

無事フライトを終えF-20の出番待ち、その間はチビのポケバイ指導で時間を潰します

お昼を過ぎてF-20と思いきや従兄弟からチビのお誘いの電話!泣く泣くバッテリーを搭載放電
今年初?の幸天候に恵まれましたが後ろ髪引かれる思いで飛行場を離れました。


フライト日和    Comment(0)   Top↑

2008.03.08 Sat
固めちゃった
ダクト推力が800gなので強化は必要なしと言われましたが・・・
2008_03_08.jpg
0.3mmカーボンシート着けちゃいました(^^;

F-16XLⅡ自作    Comment(0)   Top↑

2008.03.07 Fri
作りなおしか?
2008_03_05_005.jpg
このDFの配置は失敗だったかも・・・
インテークからず~っと離れているので吸気抵抗が多く期待出来ないな(^^;
バッテリーの搭載位置を今以上に後部へ移動させてファンを前にした方が良いかも?

今までのJetImpactユニットは上画像のアンプ位置でした
2007_12_25_001.jpg
ザ・スリムの7mmをもう一枚購入しておくか!?

F-16XLⅡ自作    Comment(2)   Top↑

2008.03.05 Wed
主翼
張り合わせの主翼が完成!せっせとサンディングしました
2008_03_05_001.jpg
一枚目が完成してから「サンダーがあるじゃないか!」と気付く、アホです・・・
2枚の測定結果は32.7g
2008_03_05_002.jpg
予想より10g以上軽量にできました(^ー^)V
雰囲気はこのようになります
2008_03_05_003.jpg

先日着陸失敗したTAIYO16でXL用のサーボの稼動テストを済ませ解体しようとしたら主翼に4mmカーボンパイプが!早速3mmロッドと入れ替えました
2008_03_05_004.jpg

モーター3線を延長してメカを配置してみた
2008_03_05_005.jpg
アンプのBEC線が長いので受信機をDFサイドに配置してサーボの延長を避けようと思いましたがメンテナンスを考慮してバッテリーハッチの中にします。サーボ配線は不要なサーボから拝借して軽量化延長。
2008_03_05_006.jpg
今まではBTベイのスグ後に壁を入れて強度を上げていましたがアンプ前の板で十分と解ったので今回は入れません。おかげで2200mAhのBTが奥まで搭載可能になりました。
垣内さんに聞いたところ3Wモータ4セルでは800gの推力とのこと
2200mAh-BTでの総重量は720gなので十分いけそうですo(^-^)o
ちなみに1800mAhにすると680gです。
ロングラン飛行と軽量化の低速飛行、共に両立できそうです(^ー^)V

F-16XLⅡ自作    Comment(0)   Top↑

2008.03.04 Tue
RCエアワ・・・
4月号に載せて頂きました(^ー^)V

が!記事の内容に不満アリです(ーー;)
pokey room は ポキー・ルームです(^^;
あれほど「3月号で間違えてるから!」って言ったのに・・・
誰かさんはポッキーとか、またある人はボッキー(全然ちゃう!)とか呼ぶし!またイジメにあいます(泣

左ページの上部を読む前に「初のスチレンペーパー機(F-20)製作にあたり、スケールを損なわない為にW吸気・シングル排気を選択した。高速を求めていたから翼の短いF-20を選んだ」って~のを前提にして下さい。初めてのスチレン機製作上の注意点がゴチャ混ぜになっているから「F-16がツイン吸気」になっちゃうんだよ~(笑
とまぁ、言いたい事はあるけれど取材に来てくれたキムラさんは旅客機系が好きな方だからしょうが無いね、良い経験をさせていただきまして感謝いたします(^ー^)
エアワの皆さんこれからもヨロシクね♪(^ー^)V
そうそう、EDFのコツは個人に沢山のこだわりがあって日々進化しているから「これだ!」ってのが無いのが現状だと思います。スケールやダクト効率の追求、多様なカテゴリーがあるから辞められねぇ~o(^-^)o

・・・だよね?

未分類    Comment(2)   Top↑

2008.03.03 Mon
ダクト固定
3mmカーボンロッドを入れてダクトを固定した
2008_03_03_001.jpg
まだ主翼がしなります、カーボン板を上部に接着しても心配・・・もう一ヶ所板を追加しようかな?
ダクトは下から取り付けてナット側に1mm航空ベニヤを貼り付けた
2008_03_03_002.jpg
スチレンの強度を信用し過ぎだろうか(^^;

後から見るとダクトは下側に詰っています
2008_03_03_003.jpg
1800mAh/4セルを載せたとして635g、残るは翼型!700gオーバー確定(T-T)

F-16XLⅡ自作    Comment(1)   Top↑

2008.03.01 Sat
0.2mmプラ板
今まで0.5mmのプラ板でキャノピを作ってきたけど重い!
今回は0.2mmで挑戦です。バキュームしようかと思いましたが20cm以上あるので前後が浮き上手く出来ませんでした(^^; 結果いつも通り軍手をして部分的にヒートガンを当てシワを伸ばしました
2008_03_01_001.jpg
1回目・・・横幅が短い(T-T)
2回目・・・サイズが大き過ぎ失敗
3回目・・・1枚目で再チャレンジて成功でした
2008_03_01_002.jpg
リューターで大まかに削りひたすらカッターで・・・
絞りを入れなかったので「すっ」と取れました(^ー^)V
さて計量・・・
2008_03_01_003.jpg
ラッキー!10gを軽々きっていました
実はバッテリーハッチに乗せるためスケールより10mmほど前後を短く縮小しました
(今更図面修正派面倒ですし)
2008_03_01_004.jpg
資料も少ない事だから言わなきゃばれないでしょ?(笑
ゴットハンドのあの方のキャノピとは比べものにならないくらいショボイですが21cmのキャノピを作った私ってエライ!(爆
「デカXL量産して販売?」な~んて思ったけど絶対にしません!もっとチッコイのなら考えるけど(^^;

F-16XLⅡ自作    Comment(9)   Top↑