フロアタイル
ラジコンや日常の記録
フライト日和 | F-16 自作 | F16 フライングテール 自作 | HET F-16 | デカF-16自作 | GEM/F-16 | TAIYO F-16 | F-16XL 自作 | ハイパーF-16XL 自作 | F-16XLⅡ自作 | FRP/F-16XL | F/A-18 自作 | F-20 自作 | F-20 取説 | J-Iユニット | su-27 自作 | MIRAGE 2000 自作 | WATTAGE/Mirage | J-power F-2 | J-powerF16 | J-powerF16XL | J-powerF18 | J-powerF22 | J-powerMIRAGE | alula-EVO | Binary900VⅡ | microBinary500 自作 | Top Sky | SP Mini Top Sky | microBlasterⅢ-600 自作 | Blaster3Light | Blaster3Light 2号機 | SALex | snipe | snipe-SN | snipe-SNT | Stobel V3.5 | Stream | Stream NXT | Hubsan X4 & Q4 | POINT | 飛行会/イベント | 息子と遊ぶ | 水槽物語 | 自家栽培 | メタボですから | ソーラーシステム | ネタ | 蒲郡みかん | 未分類 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
pokeyのRC日記
≪2008.11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2009.01≫
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
ブロとも申請フォーム
「 2008年12月 」 の記事一覧
プロフィール

pokey

Author:pokey
ビールとタバコを愛する高額納税者だ

2008.12.07 Sun
下地処理テスト開始
ラダーの効果は試せばイイ事で議論するに値しなかったのかも(爆)
サーボ固定して、ラダーホーン、サンディング終わらせました。

アサヒペンのスーパーパテで最下処理開始、塗っては乾かしサンディングを繰り返しサンディング跡とスチレンの表面を目潰し。2工程はサーフェイサーなんですが九州の「Y永氏」からもっと軽量に下処理できる方法を教えていただきました(^ー^)V

ヒンジも付けてマスキング終了、サフ代わりの下処理待ちです。
スプレー缶サーフェイサー経験者は解ると思いますが感覚的には「ブロンズ粘土」薄く塗った重量感があります。発泡が溶けない「Mr.カラー」系のサフだったような・・・?

サフ塗りで目止めし塗装すると成型されたFRPのような質感になります。
Su-27では発泡目を潰す目的でサフ処理して感動しました(⌒▽⌒)
単純に樹脂を塗ったりフィルムで仕上げる方法もありそうですが、最終的に塗装するので凸凹や継ぎはぎになっては意味が無い。

処理の方法は僕の考えでは無いのでナイショ、HET-F16と同じ面積の垂直が何gでサフ効果出来るのかな?



「軽量」を目指す僕にとってはヘタな製作による重量増の打ち消しでモアパワーに転換するのは失敗と同じ事。重量増やしてダイブして「最高速出た!」なんてのはむろん論外!!

スチレン機は運搬やフライトごとにキズ付いてしまう可能性が高い。しかし、その「はかなさ」にも美学を感じますね。キズひとつ付かない機体で100%の完成度であっても時間が経てば必ず「飽き」がきますよね。ずっとお気に入りならその機体だけあればイイけど製作技術・性能面で進歩が止まりそう。
飽きる頃には次を作ると言えば聞こえがいいが本当は飽きる前に落としてますね(笑)



F-16XLⅡ自作    Comment(0)   Top↑