フロアタイル
ラジコンや日常の記録
フライト日和 | F-16 自作 | F16 フライングテール 自作 | HET F-16 | デカF-16自作 | GEM/F-16 | TAIYO F-16 | F-16XL 自作 | ハイパーF-16XL 自作 | F-16XLⅡ自作 | FRP/F-16XL | F/A-18 自作 | F-20 自作 | F-20 取説 | J-Iユニット | su-27 自作 | MIRAGE 2000 自作 | WATTAGE/Mirage | J-power F-2 | J-powerF16 | J-powerF16XL | J-powerF18 | J-powerF22 | J-powerMIRAGE | alula-EVO | Binary900VⅡ | microBinary500 自作 | Top Sky | SP Mini Top Sky | microBlasterⅢ-600 自作 | Blaster3Light | Blaster3Light 2号機 | SALex | snipe | snipe-SN | snipe-SNT | Stobel V3.5 | Stream | Stream NXT | Hubsan X4 & Q4 | POINT | 飛行会/イベント | 息子と遊ぶ | 水槽物語 | 自家栽培 | メタボですから | ソーラーシステム | ネタ | 蒲郡みかん | フィンガーライム | 未分類 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
pokeyのRC日記
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
ブロとも申請フォーム
プロフィール

pokey

Author:pokey
ビールとタバコを愛する高額納税者だ

2015.08.31 Mon
F16XL被害検証
6月の小諸でナイフエッジ状態のままノーコンになったXLちゃん( >д<)

自爆したときの古傷が再びでした(笑)
内側に保険で貼ったグラステープのおかげで原型は留めていましたが・・・
2015_08_31_001.jpg 2015_08_31_002.jpg
つなぎ目のつぶれ方次第で作り直すか考えましょう。

垂直は作り直し確定ですが慣れてるので気にならない(笑)
2015_08_31_003.jpg 2015_08_31_004.jpg

竹ヒゴで主翼前縁を強化したため、ほとんど無傷(^-^v
唯一、下面から硬い茎が刺さった程度www
2015_08_31_005.jpg 2015_08_31_006.jpg

サーボ異状無し、墜落時にバッテリーがアンプのコネクタを抜いたらしい。
2015_08_31_007.jpg


根本的なノーコンの原因はアンテナ線を真っ直ぐに立てたことかと思います。
スローロール中、目の前でお腹が見えた時ノーコンになりました。
2015_08_31_008.jpg
グライダーは全てアンテナ30mmの先端部分を15mm位置で90度に折り曲げ600m上空でもノーコンの経験はありません。
作り手の大失態であります(^^;


どんどんゾンビ化していきますが不思議な事にこういった機体はロングライフで更に良い飛びをしてくれるんですよね~
次を作ってしまうと必ず大破します。ナンデだろうね?



.

F-16XLⅡ自作    Comment(7)   Top↑

Comment
アンテナ Posted by いち
アンテナのラジエーター(先端3cmの部分)を中間位置で90度に折り曲げると、インピーダンスが少し崩れるので、途中で折り曲げるより、根元部分から45度傾けたほうが良いでしょう。
ラジエーター部分は真っ直ぐの方がいいと思います。
指向性は中間位置で90度で折り曲げても、根元で45度傾けたのと同じになります。
つまり原理上、どちらも45度の角度で感度が下がります。

一番重要なのは、ラジエーター部分を電線やカーボンからできる限り離すことだと思います。
2015.09.01 Tue 02:47 URL [ Edit ]
Posted by pokey
いちさん

なるほど...デス。
グライダーはともかく高機動のEDFは飛行中にいつアンテナが1点の死角に入るのか分かりません。根元で45度にした場合同じ現象が起こる可能性が高いと思うのです。

それならば途中で折り曲げ1点の死角を「45度の低感度」に変えて死角を無くす方が安全と考えるのは間違いなのでしょうか?
2015.09.01 Tue 21:53 URL [ Edit ]
Posted by いち
原理上、不感方向は同じ45度になるので一緒になります。
アンテナを90度に縦と横に分けても、指向性は合成角度になってしまうんですよ。

これを防止する方法にダイバーシティーアンテナという2本のアンテナを使って、感度の良い方を自動的に切り替える方式がありますが、そこまでしてもって感じです。

しかし現実的には、不感方向による瞬間の感度不足より、アンテナの設置位置(電線やカーボンに近いなど)による影響の方が断然に影響が大きいように思います。
2015.09.02 Wed 00:30 URL [ Edit ]
Posted by pokey
いちさん

そっか・・・
同じならズレのない根元からですね!

以前見てもらった通り配線に対し直角、カーボンは未使用です。

ただ低空飛行のため回復リカバリー出来なかったのかも知れません。
2015.09.02 Wed 00:42 URL [ Edit ]
管理人のみ閲覧できます Posted by
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.09.02 Wed 00:45 [ Edit ]
スペクトラム拡散 Posted by いち
折り曲げたアンテナは45度の指向性になるという意味でして、45度が良いと言うわけではありませんので一応補足しておきます。
45度にしても、導線などから十分に離れていれば問題ありませんが。

ちょっと気になっているのが、瞬間の電波ロスに対しての復帰時間の問題です。
これはメーカーの設計に関わることなので簡単に変更できないことですが、瞬断したあとにすぐに復帰できるかの性能差はあると思っています。

どんな通信でもノイズなどによる瞬断は避けられないことです。
ラジコンの場合、瞬間にロスしても即座に復帰すればそれほど影響が無いのですけど(気がつかないこともあります)、その後に通信がすぐに復帰できない場合は致命的な結果になることがあります。

特に2.4GHzはスペクトラム拡散や周波数ホッピング方式を用いているので、一度通信が途切れると、通信が再開の処理方法によっては再開するまでに数秒ほどかかることも考えられます。
FrSkyのモジュールがこの復帰時間が短くて信頼出来るようなので、私は好んでこれを使っていますが、もしかしたらJRはこの問題が隠れているのかもしれませんね。
2015.09.02 Wed 01:12 URL [ Edit ]
Posted by pokey
いちさん

前回の飛行テスト中にも一度だけ瞬間的にノーコンになりましたが回復は早かったです(0.5秒程度でしたが冷や汗出た)
地元では周囲のプロポメーカー悪く言いますが(この場では言えな~い)僕はまだフタバですwww

今回の事故はパイロットがハイレベルで、目の前通過時点(ロールお腹見え中)でロック。
進入時に空気抵抗によりアンテナが後部に曲がり死角に入ったとしか考えられません。

つか、フタバもクソなのか?(爆)
それとも墜落歴のあるこの受信機を交換してみるかな・・・

2015.09.02 Wed 22:19 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑