フロアタイル
ラジコンや日常の記録
フライト日和 | F-16 自作 | F16 フライングテール 自作 | HET F-16 | デカF-16自作 | GEM/F-16 | TAIYO F-16 | F-16XL 自作 | ハイパーF-16XL 自作 | F-16XLⅡ自作 | FRP/F-16XL | F/A-18 自作 | F-20 自作 | F-20 取説 | J-Iユニット | su-27 自作 | MIRAGE 2000 自作 | WATTAGE/Mirage | J-power F-2 | J-powerF16 | J-powerF16XL | J-powerF18 | J-powerF22 | J-powerMIRAGE | alula-EVO | Binary900VⅡ | microBinary500 自作 | Top Sky | SP Mini Top Sky | microBlasterⅢ-600 自作 | Blaster3Light | Blaster3Light 2号機 | SALex | snipe | snipe-SN | snipe-SNT | Stobel V3.5 | Stream | Stream NXT | Hubsan X4 & Q4 | POINT | 飛行会/イベント | 息子と遊ぶ | 水槽物語 | 自家栽培 | メタボですから | ソーラーシステム | ネタ | 蒲郡みかん | フィンガーライム | 未分類 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
pokeyのRC日記
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
ブロとも申請フォーム
プロフィール

pokey

Author:pokey
ビールとタバコを愛する高額納税者だ

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2016.05.14 Sat
F-22 フライトw
早朝7時前後に到着、ゴンちゃんが新作NXTを調整中でしたw
2m予報でしたが自宅出発から3m以上の風、現地も変わらず。
1時間以内には無風状態になりました。

風があるため指慣らしに臓物搭載位置変更したstreamNXT-STから。
エレベーターのニュートラルが毎回調整必要ですが以前より改善され範囲内。
重心位置を先週前気味にしたこと、バランスウエイトを外し臓物で調整したこと。
このあたりの重量バランスを確認しながら微妙なキャンバー設定を変更しました。

先週、足元にも及ばなかった師匠883-Cさんのsnipeとガチ勝負。
ランチ高度も上がり(大嶽さんの目視確認)最大キャンバーでのコケも随分少なくなりました。
強弱のある2~3m西風、海岸の吹上でもサイドレバーによるキャンバー調整だけで静止したり前に出たりとノンバラでいけそう
(*^o^)b



8時前に風が静止したのでラプターの初飛行を決行www
結果は3回の飛行を終え無事原型をとどめました(^-^v
2016_05_14_001.jpg


1回目、北側の草の多い平地へ向け手投げで安定飛行を開始。
バッテリーは一番軽いハイペリG5-850mAh/50C(実測74.8g)です。
重心位置は指定どおり65mm、頭上げがひどくダウントリム。
2回目はバッテリー5mm前にして、3回目では10mmに合わせました。

フル加速して直線飛行まで調整出来ましたが着陸は突っ込み気味。
最終エレベーターはこの角度、かなりのダウントリムです。
2016_05_14_002.jpg

今回の注目すべき要点は2つ。
フルスロットル水平飛行でダウントリムが入り、着陸でフレアが鈍い事。
①フレアが鈍い⇒前重心。
②前重心+ダウントリム⇒排気スラスト上向き。
が原因と考えられます。

最大の要因は排気偏向パネルの絞り具合が安易に思い当たります。
そこで排気偏向パネルの上側を再カット調整し抑え気味にしました。
これは機速が遅かったことも兼ねてですが対気面積がF-2より多いことが主な原因でしょう。
排気面積を小さくした分手投げの墜落リスクが上がりますが、そこはラプターですから(^^;
ハイボル1200mAhのバッテリーも用意しましたが重量がかさむ事とサーボリンケージのストッパーが外れてしまったので3フライトの調整で終了させました。

【舵角のメモ】
水平尾翼のみのエレボンではエレベータ10mm、エルロン8mmでは少ないため各+2mmがオススメ。

排気スラスト変更により明日もテストしなきゃねwww
初フライトと変わらぬヶ所の調整ですが今日もそれほど恐怖感は無く落ち着いて調整分析できました。
ノーマルユニットの限界に挑戦と意気込みましたが恐怖を感じるスピードでも出ずガッカリと安堵を同時に感じました(笑)

ラプターは調整終ってもF-2のスピードには追いつけないでしょうね( >д<)




.

J-powerF22    Comment(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。