フロアタイル
ラジコンや日常の記録
フライト日和 | F-16 自作 | F16 フライングテール 自作 | HET F-16 | デカF-16自作 | GEM/F-16 | TAIYO F-16 | F-16XL 自作 | ハイパーF-16XL 自作 | F-16XLⅡ自作 | FRP/F-16XL | F/A-18 自作 | F-20 自作 | F-20 取説 | J-Iユニット | su-27 自作 | MIRAGE 2000 自作 | WATTAGE/Mirage | J-power F-2 | J-powerF16 | J-powerF16XL | J-powerF18 | J-powerF22 | J-powerMIRAGE | alula-EVO | Binary900VⅡ | microBinary500 自作 | Top Sky | SP Mini Top Sky | microBlasterⅢ-600 自作 | Blaster3Light | Blaster3Light 2号機 | SALex | snipe | snipe-SN | snipe-SNT | Stobel V3.5 | Stream | Stream NXT | Hubsan X4 & Q4 | POINT | 飛行会/イベント | 息子と遊ぶ | 水槽物語 | 自家栽培 | メタボですから | ソーラーシステム | ネタ | 蒲郡みかん | フィンガーライム | 未分類 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
pokeyのRC日記
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
ブロとも申請フォーム
プロフィール

pokey

Author:pokey
ビールとタバコを愛する高額納税者だ

2008.05.01 Thu
サーボ・テスト
手持ち在庫のサーボを両手ほどテストしてみました

スチレンで簡単な模擬動翼を作りサーボを交換できるようにしました。ニュートラル誤差が解り易いようにサーボ側は遠い穴、動翼側は短い穴と普段使用するホーン穴とは逆にしてリンケージしました。
結果はどれも同じでハズレの無い品質に驚きました(^ー^)

今回のHyper-XLも計測
左のサーボホーンに少しリンケージのガタがあったのでリンケージのZ加工を作り直し少しだけテンションが掛かるようにしてから計測しました。動翼中央の突起先端で計測したら左右0.5mmのニュートラル誤差が判明。しかしトロピカルXLも同じ程度なのにナゼでしょう??
ちなみにF-20SPも同じサーボですがそのような挙動は出ませんでした。

私的に推理すると
①F-20SPよりXLは動翼面積が広いので同じサーボ精度でも舵の残りが出てしまった。
②トロピカルXLより速いHyper-XLでは0.5mmの誤差が大きく反映されてしまう。
ってところですが・・・(^^;

他に考えられる事があれば教えて下さいm(_ _)m

<業務連絡>
883-cさん、そんな具合なので例のサーボ貸して下さい(^^;

ハイパーF-16XL 自作    Comment(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑