フロアタイル
ラジコンや日常の記録
フライト日和 | F-16 自作 | F16 フライングテール 自作 | HET F-16 | デカF-16自作 | GEM/F-16 | TAIYO F-16 | F-16XL 自作 | ハイパーF-16XL 自作 | F-16XLⅡ自作 | FRP/F-16XL | F/A-18 自作 | F-20 自作 | F-20 取説 | J-Iユニット | su-27 自作 | MIRAGE 2000 自作 | WATTAGE/Mirage | J-power F-2 | J-powerF16 | J-powerF16XL | J-powerF18 | J-powerF22 | J-powerMIRAGE | alula-EVO | Binary900VⅡ | microBinary500 自作 | Top Sky | SP Mini Top Sky | microBlasterⅢ-600 自作 | Blaster3Light | Blaster3Light 2号機 | SALex | snipe | snipe-SN | snipe-SNT | Stobel V3.5 | Stream | Stream NXT | Hubsan X4 & Q4 | POINT | 飛行会/イベント | 息子と遊ぶ | 水槽物語 | 自家栽培 | メタボですから | ソーラーシステム | ネタ | 蒲郡みかん | フィンガーライム | 未分類 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
pokeyのRC日記
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
ブロとも申請フォーム
プロフィール

pokey

Author:pokey
ビールとタバコを愛する高額納税者だ

2009.06.06 Sat
正しいF-20の作り方⑦
ノーマルのダクト周りと機首・キャノピー製作

<ダクト>
2009_06_06_001.jpg
ダクト位置は同じ。ハードランディングしてダクトが前方へ抜けた経験があるのでマウント裏側へスチレンとダクトを接着し抜け防止をお勧めします。

<ノーズ>
天板はテーパーにカットし接着面を増やして接着します
2009_06_06_002.jpg2009_06_06_003.jpg

<キャノピー>
サイドをテープ固定して天板をすり合わせた後に接着。
2009_06_06_004.jpg
フロントは内側から固定するので3方向をすり合わせし、前方はノーズ面を合わせます。
2009_06_06_005.jpg2009_06_06_006.jpg

ハイ、完成(⌒▽⌒)
2009_06_06_007.jpg
飛行重量245gなら永遠に上昇できます。

「初期設定は各自お願いします」とは書けないので(笑)過去の機体のデータをUPしときます。
セッティングはエレボンにあわせてください。
動翼中央(後縁線)は底板の上面と同じになるようトリムで合わせます。
僕も初フライトでは毎回やってますがダクトのスラスト角で変わるので目安と思ってください。
エレベーターUPは10~11ミリ(製作により変化します)
2009_06_06_008.jpg
エルロンも同じくらい
2009_06_06_009.jpg
旋回で結構巻き込みがあるので調子こいて傾け過ぎないように!
僕は旋回中の巻き込み防止として作動(デファレンシャル)入れています。
旋回中の外側(下舵)を減らすことで傾いた機体の上側になる尾翼の抵抗が減るので機首が地面側へ押し出されることを防げます。また抵抗が減るので旋回減速が緩和されます。
ただロール軸がずれるのでテクニックでカバー(笑)。調整が取れてきたら作動をカットすればOK!

手投げ時は全開にすると反トルクで秒殺です。スロットルを100%にしてからダクトの音が少し変わる程度(95~93%)に下げてから。機体はフレア時の角度(30度くらい)のまま前に押し出します。
空気に乗せる感じで斜めの角度がキモ、翼が空気つかむ前に機体軸が進行方向へ向くと翼面が少ないのでコロリです。
水平飛行に入ったら全開OKのサインです。

重心が合えば低速でも安定してるので着陸もしっかりフレア掛けれます。背面は不安定なので全開の時だけのがよろしいかと・・・

ココまで親切に製作から調整まで書けばイイっしょ?
120%緊張しながら3分間お楽しみください( ̄ー ̄)

以上

F-20 取説    Comment(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑