フロアタイル
ラジコンや日常の記録
フライト日和 | F-16 自作 | F16 フライングテール 自作 | HET F-16 | デカF-16自作 | GEM/F-16 | TAIYO F-16 | F-16XL 自作 | ハイパーF-16XL 自作 | F-16XLⅡ自作 | FRP/F-16XL | F/A-18 自作 | F-20 自作 | F-20 取説 | J-Iユニット | su-27 自作 | MIRAGE 2000 自作 | WATTAGE/Mirage | J-power F-2 | J-powerF16 | J-powerF16XL | J-powerF18 | J-powerF22 | J-powerMIRAGE | alula-EVO | Binary900VⅡ | microBinary500 自作 | Top Sky | SP Mini Top Sky | microBlasterⅢ-600 自作 | Blaster3Light | Blaster3Light 2号機 | SALex | snipe | snipe-SN | snipe-SNT | Stobel V3.5 | Stream | Stream NXT | Hubsan X4 & Q4 | POINT | 飛行会/イベント | 息子と遊ぶ | 水槽物語 | 自家栽培 | メタボですから | ソーラーシステム | ネタ | 蒲郡みかん | フィンガーライム | 未分類 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
pokeyのRC日記
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
ブロとも申請フォーム
プロフィール

pokey

Author:pokey
ビールとタバコを愛する高額納税者だ

2011.06.02 Thu
alula Vr.4 開封してみた
地元メンバーが直接DF社との取引で購入してくれたalula-Vr.4!(3号機)
とうとう開封しちゃいました☆(≧∀≦*)ノ
2011_06_02.jpg
これがVr.4

うわさに聞いた尾翼の軽量化を確認すべく計量しました(わくわく~っ!)
6.3g? Vr.3と全然ちがわんやん!(爆)

あれ~?ハズレ引いちゃったのかも・・・(´Д` )

などと凹んでるバカたれではありません、こんなもん僕にとって何の不具合にもならずヾ(゚∀゚○)ツ
今週のあたまに復活を遂げた1号機(Vr.2)と、ヘビー(200g)な2号機「Zoro」は健在なので、そっとしまい込みます。

世の中にもやっと出回ってきて、そこらじゅうで情報交換してるみたいですね!みなさん頑張ってください。

経験上の秘密を少しだけ・・・
■エルロンホーンの内側をカットして少しキャンバー下げ設定にて尾翼の付け根へ接着■
尾翼折れの補強対策になったり、浮きが良くなります。
な~んてもう古い!ペグつけて投げたら分かりますが、そんなので尾翼補強にはなりません(キッパリ)
毎回トリムが狂いイヤになる原因のひとつです(補強と思ったところがランチで縮みまた戻る)。
それにキャンバーつけるとランチ高度が下がり「もうチョイ」の域に届きません。
原因がランチと思い込んで手首をああしたり、こうしたり・・・無理なランチで最終的には首モゲ(爆)
多少重くなっても6mmカーボンパイプがお勧めです(接着はしなくてもテープ止めでOKだし)。
キャンバー効果はありますが重量によって角度も違うため他人の角度は全くあてにならず、接着固定しなけりゃ意味が無いので「一か八か」のギャンブルにもなってしまいます。

もうひとつ
■エルロン翼端下のドラッグラダー■
横滑り防止や旋回径が小さくなって飛ばし易くなります!
確かにそんな気がしてましたが、新品組んでデファレンシャル(エルロン舵の下角を減らす)入れると必要無いことに気付きますヽ(^-^ )
試行錯誤しているうちに働翼のコシが無くなると良いのかも?ですが、そうなったらエルロンだけ作り直しのが舵はガンガン入ります
(こちらも体験済み)

とにかく初号機、新品はノーマルが一番。

あえて補強するなら折れやすい首下面の尾翼の付け根5~6センチでしょう。
アンダーカバーは内側を両面テープでギッチリ接着後、外側のふちをテープ止めしないとダメよ~。コレだけで僕は半年以上、首が折れずしかも変形知らずでした。

軽量化して滞空時間勝負も楽しいですが、ランチ高度が低いのでサーマルGET率が下がります(経験済み)。
初号機は1年以上ペグ無しでした(親指が下で翼端つかみランチ)、中指と親指が滑らぬようホームセンターで滑り止めの手袋をすれば翼端がつぶれず長持ちします。

ハードランチで親指を上にすると翼端がつぶれたり、手首のスナップが無意識に入るので毎回同じに投げるのが難しくなります。3,000回投げれば慣れますけど(爆)

まだこれから初フライトする方へ忠告!
★CGは爪楊枝(丸いほう)で正確に指定位置に調整すべし(飛ばしてから微調整)。
★最初のグライドテストは頭の上(なるべく高い位置)から少し強めで水平に投げないと悲しいことになりかねません。
(軽いから!と甘く投げるとノーズから突っ込みます)
★初ランチ(ランチモードに切り替え)は真上に投げれば「下げ」になっていてもリカバリー確率が上がります。

ネタが無かったんでてんこ盛りに書いちゃったなぁ~
ウソ書いたかも知れませんから壊れてもし~らない o(≧▽≦)o(爆)
「alula全国大会」ウチのクラブがやっちゃいますからね!
(と、勝手に書くとメンバーに怒られるかな?爆)

alula-EVO    Comment(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑