フロアタイル
ラジコンや日常の記録
フライト日和 | F-16 自作 | F16 フライングテール 自作 | HET F-16 | デカF-16自作 | GEM/F-16 | TAIYO F-16 | F-16XL 自作 | ハイパーF-16XL 自作 | F-16XLⅡ自作 | FRP/F-16XL | F/A-18 自作 | F-20 自作 | F-20 取説 | J-Iユニット | su-27 自作 | MIRAGE 2000 自作 | WATTAGE/Mirage | J-power F-2 | J-powerF16 | J-powerF16XL | J-powerF18 | J-powerF22 | J-powerMIRAGE | alula-EVO | Binary900VⅡ | microBinary500 自作 | Top Sky | SP Mini Top Sky | microBlasterⅢ-600 自作 | Blaster3Light | Blaster3Light 2号機 | SALex | snipe | snipe-SN | snipe-SNT | Stobel V3.5 | Stream | Stream NXT | Hubsan X4 & Q4 | POINT | 飛行会/イベント | 息子と遊ぶ | 水槽物語 | 自家栽培 | メタボですから | ソーラーシステム | ネタ | 蒲郡みかん | フィンガーライム | 未分類 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
pokeyのRC日記
≪2017.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.12≫
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
ブロとも申請フォーム
「Top Sky 」 の記事一覧
プロフィール

pokey

Author:pokey
ビールとタバコを愛する高額納税者だ

2009.11.24 Tue
8時間 投げまくり
昨夜は先日の修理バギングでシワが入ったペグ周りへカーボンロービングを上下貼りました。
そして本日、完璧に修理完了したので朝から自分なりに調整。
2009_11_24_001.jpg
腕慣らしにFフライを少しだけ~
どんより曇り空ですが風は1m弱、調整にはもってこいじゃないかな?
飛行場到着は8:00、FF9はフライトモードのトリムが基準になるのでランチモードは適当(笑)

テールブーム水平、エレベータも水平、無風時の機速が乗ってもノーズアップにならない!
を基準に調整(コレが本当の調整かは知りません。僕の勝手な基準にしました)
ノーズへ1.3gのオモリ貼ってエルロンとエレベーターはピン合わせでバッチリでした。

次にランチモード、フラップ1mmUPに合わせエレベータ気持ち程度ダウン
極力動翼の空気抵抗が少ないように設定し尚且つ左投げのラダーオフセットもあわせました。

サーマルモードは未体験、多めにフラップダウン(3mmくらい)にして巡航で機体が水平になるようにエレベーターを設定(これも正しいのか不明。爆)

結果、無風に近い状態の最高滞空時間は73秒、平均60秒でした(⌒▽⌒;)
3度目のフライトならまぁまぁかな?

14時を過ぎた頃に全サーボが異常な反応!?
バッテリー切れでした(6時間もブッ続けで飛ばせば当たり前か!)
2009_11_24_002.jpg2009_11_24_003.jpg

30分だけ充電し再開、すでに6時間以上ランチしてるんで筋肉痛が始まっていました。

べた凪になった15時半、メンバーのA井さんが到着。
はるか昔、京商から販売してた90cmクラスのバルサ機。ハンドランチではありませんが翼端へ棒ペグだけ(補強なし)付けてブン投げてます(笑)
2009_11_24_004.jpg2009_11_24_005.jpg2009_11_24_006.jpg
結局1回もサーマルは無く16:30に撤収。

滞空時間延ばすのは難しいですね、後半で理解できたけど機体を水平にしたりダウンいれて機速出したりで常時エレベーター調整するんですね。だからEXP80%も入れて微調整するんだ~!
この空気抵抗と機体姿勢はEDFにも十分応用できるね。

製作も調整も奥深いグライダー、みんながハマる訳が理解できました(マジ楽しいッス!)

飛ばし続けの8時間、今夜はしっかり柔軟体操しなくっちゃ( ̄ー ̄)
あ!先生、週末に調整検定お願いいたします~(笑)

Top Sky    Comment(0)   Top↑

2009.11.22 Sun
グライダー復活!(&ハゼ水槽)
昨夜エルロンホーン接着して今朝修理が終わりました。
ホーンはベニヤとカーボンプレートの合板にして強度アップ、10mm外側へずらし接着。
今日は日曜当番だから朝早くにテストフライト。すでに先生が飛ばしてました。ラッキー
アドバイスいただき無事復活できました。まだ無風状態の時に真直ぐ飛ぶだけなのでしっかり煮詰める必要はあります。ただこれでこっそり練習と設定ができます( ̄ー ̄)

作業場の倉庫は賃貸が確定したので1~3月の間は製作作業中止、今のうちに何か作るかな?

ハゼのために冷凍赤虫を購入、よく食べるのはいいけど60cm水槽にたった3匹なので見つけることの出来ないハゼもいます(ハゼは目で餌を確認するらしい)。
餌付けに慣れているものの最近は元気無かったから1~2日餌を与えず腹ペコにして与えてみよう。
水対策としては以前専門店お勧めのバクテリアケミカル剤と上部フィルターに入れる「バクテリアフィルター」をハゼ水槽に追加。

もう一方のネオンテトラとオレンジのテトラの2匹しか居なかった45cm水槽には仲間が増えました。
ヤマトヌマエビ5匹、ブラックファントム4匹、ネオンが10匹追加!
ヌマエビは夏場の水温上昇に弱いのでコレからは安心、水質ストレスに弱いけど現状の水槽へ入れたとたん餌を探し始めたのでOK(⌒▽⌒)
ブラックファントムは以前飼っていましたが水槽放置で全滅したので(^^;新たに購入。
ネオンは「にぎやかし」です(爆)

ハゼとエビは共存できるみたいなのでハゼ水槽の水質が改善され、45cm水槽で脱皮を繰り返したら掃除屋として出張してもらいます。(ヤマトヌマエビの脱皮は水質になれた証だそうです)

ハゼハゼ!と一人で騒いでいますが寿命は1年らしく交尾しなければ2年もつみたいです。
来年の今頃も3匹が元気で居てくれればウレシイなo(^-^)o

Top Sky    Comment(2)   Top↑

2009.11.20 Fri
もう?
週中グライダーのランチ練習に行ってきました。順に力いれて投げ高度保持、ん~イイ感じ(⌒▽⌒)
1時間ほど投げ今度は力いっぱい投げたときの正確な方向へのランチ。

4~5回投げたとき目の前から機体が消えた!?
なんと頭上で大きなループしててエレベーターは制御不能∑( ̄Д ̄;)
そのまま垂直降下して地面へグサッ!!!
エルロン付け根の切り込みに大きな裂け目が入って両翼とも前進翼に・・・
どうやらランチの瞬間に水平尾翼が台座と共にブームから取れたみたい。

水平下面にはカーボンシートをブームへぐるりと貼ったんですが製作手順に問題があったようです。
台座と水平尾翼を先に付け、角度修正しながら台座をブームに接着しました。
台座にはブームに沿って溝が掘ってありますが、修正のためにずらし隙間があったみたい。
気付いて樹脂を充填すれば問題なかったのですが・・・

無残な主翼 (⌒▽⌒;
2009_11_20_001.jpg2009_11_20_002.jpg2009_11_20_003.jpg

一旦全てを2分割しエルロンホーンを除去。
浮き上がった表面のグラスはカットしてパテで段差修正、主翼のあわせ面もパテ修正してバギング。
2009_11_20_004.jpg

ペグはそのままで追従してくれました。
2009_11_20_005.jpg
この前に適当にカットした発泡スチロールをペグ上下に挿したんですが圧縮で翼端後縁が曲がってシワが入っちゃった(; ̄Д ̄)

接着面をサンディングして接着。
2009_11_20_006.jpg2009_11_20_007.jpg
0.05マイクログラスは6cm幅で綺麗にバギング成功!
2009_11_20_008.jpg
パテ修正跡も段差はでませんでした(^ー^)V

一時はどうなることかと思いましたが、ココまで来ると一安心。片翼1.3gの増量で修理完了です。
あとはカーボンシートを広域に貼って補強しネジ穴を空けるだけ~やれやれ。。。

2sのバッテリーも到着。メンバーIchiさんにいただいたBECは0.7g
2009_11_20_009.jpg
ただ問題が・・・サーボを前に搭載してるので2sバッテリーの出し入れが出来ません(^^;
そのかわり10gウエイトが抜けました( ̄ー ̄)
週末仕事だからついでに水平尾翼も作り直して軽量化しちゃおうかな?(笑)

Top Sky    Comment(0)   Top↑

2009.11.15 Sun
完成して初フライト
週末 息子と会う予定でしたがインフルエンザになったらしく今月はキャンセルになりました。
心配ですが落ち着いたらお見舞いに行ってきます(; ̄Д ̄)

金曜の夜は徹夜して製作し、土曜は午前中だけ急遽仕事になりました。
午後から製作を再開し日曜の朝方完成(⌒▽⌒)
2009_11_15_001.jpg
エルロンホーンは少し腰が無く力が逃げてました、要補強。
2009_11_15_002.jpg
糸引きは初体験、無事リンケージも終了
2009_11_15_003.jpg
指定ではエルロンサーボは主翼内に収まりますが、明らかに後ろ重心になるのでポッド内に変更。
リンケージ失敗し穴あけをやり直しました。
2009_11_15_004.jpg
サーボはDM4.7を4個、サーボ下へバルサ入れシュリンクしてポッド下からネジ止め。
これだけ前に搭載してもノーズオモリは17g搭載しました。バッテリーは350mAh1s、先に書きましたが受信機はコロナ8chシンセデュアルを使用。飛行重量265gで完成です。
付属の英文説明では175~190gだったので自作のバギング翼を尾翼に使えた割りには軽量化できました。2~3gバギングが軽く出来れば160g台で出来そうです。

2日間の徹夜でしたが少し寝て10時から出撃。少し風が出てきたので調整は先生にお願い。
調整が取れたころには強風になり送信機持つ前に昼ころ撤収 ( ̄Д ̄;)

ハゼの水槽洗ったりしてたら風が収まったので3時過ぎに再び出撃。
先生とDioneさんの3人でランチ開始。僕はデビューなのでポッドを握ってのランチ。
10投くらいしてから先生より「ペグ持って投げてみな!」とGOサイン。
恐る恐る投げてみると、以外に思った方角へ飛んでくれます(⌒▽⌒)

風速2~3mなので機体の維持で精一杯、トリムの狂いが分かりません(笑)
しろくまさんに教えていただいたモード切替でスイッチングに挑戦、徐々に慣れてランチモードも調整できるようになり横から先生が飛びを見ながら設定指導。

低空で頭上げしてしまい「あー!」ってなりましたが背面操縦し(ファンフライのおかげ)姿勢を直すことや、ハンドキャッチも成功!初日の滞空時間は60秒ほどでランチは30~40mとのことでした。
ダウン打ってスピード上げたりは高度との戦いでたのしい~( ̄ー ̄)

ペグ位置が悪いのか持ち方が悪いのか?指の間が切れてました(笑)
2s用のレギュレターBECをいただいたのでノーズのオモリを軽くできそうです。

Top Sky    Comment(2)   Top↑

2009.11.11 Wed
バギング尾翼製作 ⑤
作り直した尾翼は外周より5mmほど拡大し、樹脂もしっかり搾りました
水平尾翼=6.2g(純正よりマイナス1.5g)
垂直尾翼=4.8g(純正よりマイナス2.3g)
2009_11_11_001.jpg
しかし最初に作ったマイラーフィルムを使ったので前縁がはみ出し樹脂がのってない。
それと軽量化できたけど、樹脂を搾りすぎて水平尾翼は強度低下でした。
ん~難しいッス!!

3回目だからなんとしても成功させたい、どうせなら先生のDL-A4Lightの尾翼にしようとコピーしてみました。(翼データーは製作前にCAD化してあったものをいただきました)
面積が広いのと補強を追加するので目標はHL-1Pの純正と同じ重量。
2009_11_11_002.jpg
全て最初から作り直してたら時間がドンドン過ぎてました(笑)
2009_11_11_003.jpg2009_11_11_004.jpg
垂直尾翼のブーム接着両面へカーボンクロス、前縁へロービング補強。
水平尾翼へはブーム取り付け位置上面へカーボンクロスを入れて共にバギング。
1回目のバギングで前縁に空気が入ったのと、前縁ギリギリのところのクロスに”す”が入ってたんでスポンジでエポキシ樹脂を塗ってもう一度バギングしました。

<測量>
垂直尾翼=6.4g(純正7.1g)
水平尾翼=7.6g(純正7.7g)
2009_11_11_005.jpg2009_11_11_006.jpg
最終結果、0.8gしか軽量化できませんでした(⌒▽⌒;)
(もうバギングは飽きた)

主翼上半角は接着に失敗してあと少しのところでやり直し。
接合上部へエポキシがはみ出してキッタネ~(爆)
2009_11_11_007.jpg
ペグは付属の6mmカーボンロッドを接着済み。

エルロンは1.8mm内側へ広げてポッドからのリンケージストレスを軽減(の予定)。
2009_11_11_008.jpg
動翼ホーンはカーボンクロスをガラスクロスでサンドし0.6mmで板が完成。
2009_11_11_009.jpg

3モード欲しかったのですが地元はJR派、ど~するセッティング!?
そこで広島参謀本部より指導いただき無事解決(感謝!)
当初バーグ4ch用意してましたがFF9では受信機6ch以上ないとセットできないのでコロナシンセ8chデュアルに変更しました。(送信機2.4G買うなら次回はJRかな?)
また1セルバッテリーなど手持ちに無く、ましてや400mAh以下なんて。。。
注文「ポッチ」ってしてから「1セルよりも・・・・」と内緒情報を傍受(笑)
とりあえず今回は350mAh1sで!

余談ですがとうとう我が職場にも新型インフルが上陸!普段残業ありませんが今日は欠員のため営業時間ずっと仕事でした。11時間立ちっぱなしは辛かった(; ̄Д ̄)
こんなのが毎日続くのかなぁ~(T-T)

Top Sky    Comment(0)   Top↑

2009.11.05 Thu
バギング尾翼製作 ④
仕事から帰宅後にバギングを開封、形を整えて計量しました。
完全な重量オーバー(笑)
2009_11_05_001.jpg2009_11_05_002.jpg
水平尾翼=9.3g(純正7.7g)
垂直尾翼=8.2g(純正7.1g)
しかし思ったほどではなく、心配された水平尾翼の強度も純正のバルサより上でした。
後縁は完璧にピンが出てたので安心しました。
垂直尾翼
2009_11_05_003.jpg
水平尾翼
2009_11_05_004.jpg

地元の製作部長から樹脂を薄く塗る方法を教えていただいたので早速作り直し。
2009_11_05_005.jpg2009_11_05_006.jpg
水平尾翼コアは薄くするの止めて2.1g、垂直尾翼は1.7gになりました。
今からバギングまで作業を進めると睡眠時間が減るので(最近は健康を考慮し早寝してます)明日へ持ち込みし、昨日の続きで主翼のネジの取り付け部をチョットだけ進めました。
2009_11_05_007.jpg
バルサ角棒をカットして埋め込んでみました(接着はまだ)。画像は主翼の裏面。
上部の表面は残したけど、最終的に上下へカーボンクロス貼るから貫通させるべきだろうか?
明日の夜エポキシで接着予定だからソレまでに誰か教えてください(笑)

こんなペースだから今週末までには無理確定!初めてのジャンルはやっぱ難しいわ。
スチレン切り出してエ~デ~エフのが簡単に感じてしまいます(⌒▽⌒;)


Top Sky    Comment(2)   Top↑

2009.11.04 Wed
バギング尾翼製作 ③
仕事が休みだったので早起きしてバギング準備。
マイクログラスやマイラーシート代わりのクリアファイル切ったりしてバギング終わったのは昼。

樹脂をしっかり塗りこんでマイラーシートの上からしごいても樹脂が出ない・・・?
これじゃヤバイよ~どうする?
2009_11_04_001.jpg
と2秒迷って(笑)とりあえずやっちゃった(爆)

主翼をくっつけるのに表面確認したらかなり気泡入ってるし!
2009_11_04_002.jpg
ロービングや表面に見える白いのが気泡。やっぱこれくらい樹脂をケチらないと軽くなんないね。
開封はまだだけど、やり直し確定です(; ̄Д ̄)

主翼の張り合わせはメンバーDioneさんに教えていただいた方式。
純正は上半角6.8度ですが7.3度へ変更します。
2009_11_04_003.jpg2009_11_04_004.jpg
角度調整の当て木を距離で割り出してガラスへテープ付け。中心部をガラスの端え当ててL字サンダーを作り直角に削ります。
2009_11_04_005.jpg
こんな感じで前後運動。
削り量を確認するために蛍光ペンで色を付けました。
2009_11_04_006.jpg
角度調整は終わり現在は主翼取り付けネジ部の補強中。主翼貼り付け前にバルサブロックを埋め込む用のホゾを切り出しています。
このペースで週末に間に合うのか???

まだ先の話だけど「作業場になってる倉庫を短い間レンタルする」って親から連絡がありました。
裏山へ国道バイパス作ってるんで、その業者が年明け1月から3月まで使うらしい。
当分スチレン機は作れそうにありません。


Top Sky    Comment(0)   Top↑

2009.11.04 Wed
バギング尾翼製作 ②
尾翼を切り出してサンディングしました。

水平尾翼は1.6gまでダイエット成功(⌒▽⌒)
2009_11_03_001.jpg
垂直尾翼が1.3gです。
2009_11_03_002.jpg
水平尾翼は気合入れて削ったのでコアが薄くなり過ぎたかも・・・?
あまりにも薄いとカーボンロービング入れて補強しても腰が無く、舵が効かなくなります。
ただ市販のスタイローフォームは気泡が大きいため樹脂が沢山吸われ表面の強度は若干強くなると思われます。失敗したらまた作り直せばいいや(^ー^)V

僕は左効きなので垂直尾翼の右側へ翼形を付けました。
これはランチ時に機体が自分側へ巻き込みにくくするためだそうです。

ヒンジ前に入れるロービングは生のままバギングしてもいいですが、今回は予め半生で作っておきます。尾翼より長めにカットしエポキシを塗ります。マイラーシートは大き目のクリファイルで代用。
このファイルは剥離剤を塗らなくてもパリパリはがれます。
2009_11_03_003.jpg

使用したロービングは14K、半分に分けたものとそのままと両方作りました。
樹脂を塗る前にロービングを少ししごいてシートでサンドしてからもう一度プラ定規で潰しました。
ガラス板ではさみ常温で12時間ほど硬化させてみます。

予め半生ロービングを作っておけばバギング時に表面が凸凹になりにくく樹脂はマイクログラス分だけに注意することができます。理屈では理解できますが作業は始めてなので失敗するかもね(笑)

Top Sky    Comment(0)   Top↑

2009.11.02 Mon
バギング尾翼製作 ①
初グライダーなのに尾翼をバギング翼への作り直しに挑戦。
翼形を付けて揚力を稼ぎ物的・形状的に軽量化へ挑戦してみます。

外枠を出して中へ形状を写します
2009_11_02_001.jpg

ホームセンターで市販されているスタイローフォームを使うのでスライサーを製作
2009_11_02_002.jpg
当て木は7×4mmのヒノキ、レール代わりにして瞬間接着剤でガラス板へ接着。
熱線の膨張を考えてバネをつけました。
最初は2mm厚でカット(下へ2mmスチレン敷いてスライド)しましたがヘロヘロだったためこのまま4mm厚にしました。
2009_11_02_003.jpg
垂直(短い)が6枚、水平(長い)が4枚できました。
レール幅の関係で、水平尾翼の板は垂直と同じ幅にしました。本当はもう少し細長くなります。

現状で垂直板は3.4g、水平板が5gでした。
コアを削りだして両方で4gくらいにすればバギングしても純正の14.8gより軽く出来るかも?
まだ完成までの工程は沢山あるのでもう少しベース板を作っておくか・・・

Top Sky    Comment(0)   Top↑

2009.10.29 Thu
初HLグライダー到着♪
昨日の午後メンバーN部さんがヤフオクで注文してくれたグライダー。午前中に「到着したよ~」と連絡があり、昼前に仕事場へ持ってきてくれました。
TopSkyのハンドランチグライダーです。(某ショップではHL-1Pで出てます)
N部さんはショップを通して購入したので使い勝手良く手が入れられてたみたいです。

開封!
2009_10_29_001.jpg
同封リンケージは使わない方が良いらしいのでPライン使ってみようかな?

尾翼
2009_10_29_002.jpg
ラダーは切ってあるのにエレベータは切ってない!?(日本のショップ品はフィルムが剥がされエレベータもカットされてるらしい。その代わり自分でフィルム貼るんだって)
計量(尾翼2枚)14.8g
2009_10_29_003.jpg
エレベータ 7.7g
2009_10_29_004.jpg
ラダー 7.1g
2009_10_29_005.jpg
後縁処理は無し
2009_10_29_006.jpg
尾翼は2枚ともに2mmバルサ。このまま型取ってスタイローでバギング作る予定ですが自作が重ければコイツの後縁尖らせて少しだけ薄くし軽量化します。
ちなみにラダーはこれくらい切れます
2009_10_29_007.jpg

ポッド 460mm/33.0g
2009_10_29_008.jpg
ブーム 703mm/14.9g
2009_10_29_009.jpg
主翼(翼スパン1490mm)
2009_10_29_010.jpg2009_10_29_011.jpg2009_10_29_012.jpg
0.1gまで同じ・・・スゲ~!
最後に英語の製作本と設定書は同封されています。
2009_10_29_013.jpg
まだ製作に入れないので製作本はN部産へ貸し出し。
280gが基準重量でN部さんも同量でした。しかも先端へ少しバランスウエイト入れたらしいのでその分くらいはテールを軽くしたいなぁ~。
上半角は少し増やしたほうが良いみたいなのでN部さんとは少し違った設定にしてみよう!
チビチビと製作します(⌒▽⌒;

Top Sky    Comment(2)   Top↑